Saturday, July 4, 2015

新しい創造物

キリスト教の新しい事物について書きます。


キリストの犠牲の死によってユダヤ教の事物の体制は終わりした。
それ以来、新しい契約が有効とされ、新しい体制が存在しています。

新約聖書(クリスチャンギリシャ語聖書)は、キリスト教の新しい創造物について書いています。

キリスト教の新しい教えや制度について

新しい教え                 (マルコ 1:27、使徒 17:19)
新しい布                  (ルカ 5:36-38)
新しいぶどう酒、皮袋 (マタイ 9:17、マルコ 2:21-22)
新しい契約               (ルカ 22:20、コリント第一 11:25、ヘブライ 8:8-13, 9:15, 12:24)
新しいおきて               (ヨハネ 13:34、ヨハネ第一 2:7-8、ヨハネ第二 5)
新しい創造物、事物   (コリント第二 5:17、ガラテア 6:15)
新たな誕生               (ペテロ第一 1:3, 23)
新しい天と新しい地     (ペテロ第二 3:13、啓示 21:1)
新しいエルサレム          (啓示 3:12, 21:2)


コリント第二 5:17-19
17 したがって,キリストと結ばれている人がいれば,その人は新しい創造物で す。古い事物は過ぎ去りました。見よ,新しい事物が存在しているのです。18 しかし,すべてのものは神から出ており,[神]はキリストを通してわたしたちをご自分と和解させ,また,和解の奉仕の務めをわたしたちに与えてくださいま した。19 すなわち,神はキリストによって世をご自分と和解させて,その罪過を彼らに帰さず,わたしたちに和解の言葉をゆだねてくださったのです。

この和解の奉仕の務めをゆだねられた新しい創造創造物は、
アブラハムの胤                (ガラテア 3:7-9, 14, 26-29)
キリストの花嫁、新しいエルサレム  (啓示 21:2)
キリストの体                 (ヨハネ 2:19-21、エフェソス 1:22-23)
神の神殿                 (ヨハネ 2:19-21、コリント第一 3:16, 6:19、エフェソス 2:19-22)
神のイスラエル           (ガラテア 6:15)
と言われています。

ガラテア 3:7-9, 14, 26-29
7 あなた方は,信仰を堅く守る者がアブラハムの子であることを知っているはずです。8 さて,聖書は,神が諸国の人々を信仰によって義と宣することを予見し,前もってアブラハムに良いたよりを宣明しました。すなわち,「あなたによってすべて の国民が祝福されるであろう」と。9 したがって,信仰を堅く守る者は,忠実なアブラハムと共に祝福されているのです。
14 その目的は,アブラハムの祝福がイエス・キリストによって諸国民に及び,こうしてわたしたちが,約束された霊を自分の信仰によって受けるためです。
26 現にあなた方は皆,キリスト・イエスに対する信仰によって神の子な のです。27 キリストへのバプテスマを受けたあなた方は皆キリストを身に着けたからです。28 ユダヤ人もギリシャ人もなく,奴隷も自由人もなく,男性も女性もありません。あなた方は皆キリスト・イエスと結ばれて一人の[人]となっているからです。 29 さらに,キリストに属しているのであれば,あなた方はまさにアブラハムの胤であり,約束に関連した相続人です



では、アブラハムの胤、約束に関連した相続人は何を相続しますか。

ペテロ第一 1:3-4
3 わたしたちの主イエス・キリストの神また父がたたえられますように。[神]はその大いなる憐れみにより,イエス・キリストの死人の中からの復活を通して,生ける希望への新たな誕生をわたしたちに与えてくださったのです。4 すなわち,朽ちず,汚れなく,あせることのない相続財産へ[の誕生]です。それはあなた方のために天に取って置かれているものです。

天にある相続財産を相続します。
アブラハムの胤つまりクリスチャンは天への召しを受けています。

ヘブライ 3:1
1 そのようなわけで,聖なる兄弟たち,天の召しにあずかる人たち

フィリピ 3:14
14 キリスト・イエスによる神からの賞である上への召しのため,目標に向かってひたすら走っているのです。

コリント第二 5:1-2
1 というのは,わたしたちは,たとえ自分の地的な家,つまりこの天幕が分解するとしても,神からの建物,手で作ったものではなく,天にあって永遠に続く家を持つこ とになっているのを知っているからです。2 この住居においてわたしたちはまさにうめき,わたしたちのための天からのものを身に着けることを切に欲しているのです。

フィリピ 3:20
20 しかしわたしたちについて言えば,わたしたちの市民権は天にあり,わたしたちはまた,そこから救い主,主イエス・キリスト[が来られるの]を切に待っています。

ヨハネ 14:2
2 わたしの父の家には住むところがたくさんあります。そうでなかったなら,わたしはあなた方に告げたことでしょう。わたしはあなた方のために場所を準備しに行こうとしているのですから。3 そしてまた,わたしが行ってあなた方のために場所を準備したなら,わたしは再び来てあなた方をわたしのところに迎えます。わたしのいる所にあなた方もまたいるためです。

ルカ 12:32
32 恐れることはありません,小さな群れよ。あなた方の父は,あなた方に王国を与えることをよしとされたからです。

以上の聖句は、アブラハムの胤は、天の召しを受けていること、天の王国を与えられる小さな群れであることが分かります。

そして、キリストの約束の再来(return)はまだ生じていません。(啓示 22:20)
キリストは再び来られる時、小さな群れを天に迎え入れることになります。

そして、小さな群れのおのおのは、それぞれの業に応じて報いを受けることになります。(マタイ 16:27、啓示 2:23, 22:12)

さらにキリストの到来はサタンの事物の体制に裁きを執行し悪を終わらせる時となります。
キリストが大いなる権威とみ使いたちとともに天から表し示される時、小さな群れの全成員は(死の眠りについている者は第一の復活より、生き残っている者はみ使 いにより地の四隅から)天に集められます。(テサロニケ第一 4:16-17、啓示 14:13, 20:6、コリント第一 15:50-52、マタイ 24:31)




まとめ
キリストの犠牲の死によりユダヤ教の体制は終わりました。

それ以来新しい事物が存在しています。
新しい創造物は天の王国を相続する者たちで「王国の子たち」、「アブラハムの胤」と呼ばれています。

キリストが王国の業を開始した西暦1世紀から今に至まで、キリストに属する新しい創造物が集める業が継続しています。

キリストが戻られるまで天にあるものを集める業が続きます。
王国の子たちは、キリストの再来の時にみ使いたちにより天に集められるでしょう。
そのようにして、人類の初穂の収穫が完了します。



マタイ 24:30-32
30 またその時,人の子のしるしが天に現われます。そしてその時,地のすべての部族は嘆きのあまり身を打ちたたき,彼らは,人の子が力と大いなる栄光を伴い,天の雲に乗って来るのを見るでしょう。31 そして彼は,大きなラッパの音とともに自分の使いたちを遣わし,彼らは,四方の風から,天の一つの果てから他の果てにまで,その選ばれた者たちを集めるでしょう。



人類の収穫に業には定められた時期があります。
まずはじめに天にあるもの(キリストに属する新しい創造物)が集められます。
西暦1世紀以来、今はその人類の初穂の収穫の時です。

エフェソス 1:10-12
10 定められた時の満了したときにおける管理のためにご自身のうちに意図された意向によるものであり,すなわちそれは,すべてのもの,天にあるもの地にあるものを,キリストにおいて再び集めることです。[そうです,キリスト]において,11 この方との結びつきにおいて,わたしたちはまた相続人として選定されたのです。ご意志の計るところに応じてすべてのものを作用させる方の目的のもとに,わたしたちがあらかじめ定められていたからであり,12 それは,キリストに望みを置く点で最初の者となったわたしたちが,その栄光の賛美に仕えるためでした。


人類の初穂である「天にあるもの」の収穫が終わると、
それから、地にあるものを集めることが、その完了に向けて進みます。


サタンの体制に裁きが臨むとき、天にあるものが集められ、大いなる権威とみ使いを伴い到来するキリストと天で会うことの目的は何でしょうか。もちろんその裁きの執行に与かるためです。

それが創世記 3:15の予言の成就となります。

創世記 3:15
15 そしてわたしは,お前と女との間,またお前の胤と女の胤との間に敵意を置く。彼はお前の頭を砕き,お前は彼のかかとを砕くであろう」。

その裁きで、サタンとその胤は、女の胤(イエスキリストと小さな群れ)によりその頭を砕かれるでしょう。

ローマ 16:20
20 平和を与えてくださる神は,まもなくサタンをあなた方の足の下に砕かれるでしょう。

啓示 2:25-27
25 それにしても,あなた方が持っているものを,わたしが行くまでしっかり守りなさい。26 そして,征服する者,わたしの行ないを終わりまで守り通す者には,わたしは諸国民に対する権威を与え,27 その者は鉄の杖で民を牧し,彼らは粘土の器のように打ち砕かれるであろう

すべての王国の子たちは、そのときが来るのを待ち望んでいます。
その裁きの執行に天でキリストとともに与かるためです。

これは、神の子たちが天から表し示されることの開始となります。
それはまた、すべての創造物が、その時をやはり待ち望んでいます。
それは、創造物にとってのサタンの支配からの開放をもたらすからです。

ローマ 8:19-21
19 創造物は切なる期待を抱いて神の子たちの表わし示されることを待っているのです。20 創造物は虚無に服させられましたが,それは自らの意志によるのではなく,服させた方によるのであり,それはこの希望に基づいていたからです。21 すなわち,創造物そのものが腐朽への奴隷状態から自由にされ,神の子供の栄光ある自由を持つようになることです。

このときから、地にあるものを集めることが始まります。

それで、キリストの到来の時までは、「天にあるもの」を集める業が進行します。
今は、「地にあるもの」を集めるときではありません。






ものみの塔の教えの誤り
1925年、ラザフォードは地的復活の始まりを宣言し偽預言者として恥を被りました。
1935年以来、地的クラスの収穫が始まったと教えています。
1975年のハルマゲドンの可能性を煽り、地上の楽園の希望により、全世界で信者が急増しました。

それ以来、ものみの塔協会は、時でもない地的希望に人々の思いを向けさせ、天への召しの音信を、いわば人々の思いから隠してきました。加えて、キリストの臨在、忠実で思慮深い奴隷、他の羊、新しい契約、144,000人についての誤った教えにより、意図的、または無知のため、サタンの器として世界中の700万人に及ぶ従順で誠実な人々を騙してきました。

彼らの教えはパリサイ人の教えと同じです。

マタイ 23:13
13 「偽善者なる書士とパリサイ人たち,あなた方は災いです! あなた方は人の前で天の王国を閉ざすからです。あなた方自身が入らず,また入る途中の者が入ることをも許さないのです。

ものみの塔、あるいは他の宗教組織のバイアスなしに聖書を読んでください。

また、他の人の聖句に基づく推論を吟味してください。
真理の発見の過程で恐れるものは何もありません。



真理を見出すための努力や犠牲は必ず報われるでしょう。

箴言 23:23
23 真理を買え。それを売ってはならない—知恵と懲らしめと理解を。

コリント第二 13:8
8 わたしたちは真理に逆らっては何も行なえません。ただ真理のためにしか行なえないのです。

箴言 12:19
19 永久に堅く立てられるのは真実の唇であり,偽りの舌はほんの一瞬にすぎない


マタイ 7:7-8
7 「求めつづけなさい。そうすれば与えられます。探しつづけなさい。そうすれば見いだせます。たたきつづけなさい。そうすれば開かれます。8 だれでも求めている者は受け,探している者は見いだし,まただれでもたたいている者には開かれるのです。

No comments:

Post a Comment