Saturday, July 4, 2015

小麦と雑草のたとえ

ものみの塔協会の教えや活動は、イエスの小麦と雑草の予言的なたとえばなしと調和しません。


そのたとえは、

マタイ 13:24-30, 36-43
24 [イエス]は彼らに別の例えを示してこう言われた。「天の王国は,自分の畑にりっぱな種をまいた人のようになりました。25 人々が眠っている間に,その人の敵がやって来て,小麦の間に雑草をまき足して去りました。26 葉が生え出て実を生み出すと,その際に雑草も現われました。27 それで,その家あるじの奴隷たちがやって来て言いました,『ご主人様,畑にはりっぱな種をおまきになったのではありませんでしたか。それなのに,どうしてそこに雑草が生えてくるのでしょうか』。28 彼は言いました,『敵である人がそれをしたのだ』。彼らは言いました,『では,わたしどもが行ってそれを集めることをお望みですか』。29 彼は言いました,『いや。雑草を集めるさい,小麦も一緒に根こぎにすることがあってはいけない。30 収穫まで両方とも一緒に成長させておきなさい。収穫の季節になったら,わたしは刈り取る者たちに,まず雑草を集め,焼いてしまうためにそれを縛って束にし,それから,小麦をわたしの倉に集めることに掛かりなさい,と言おう』」。


36 それから,群衆を解散させた後,[イエス]は家の中に入られた。すると弟子たちがそのもとに来て,「畑の雑草の例えをわたしたちに説明してください」と言った。37 [イエス]は応じて言われた,「りっぱな種をまく者は人の子です。38 畑は世界です。りっぱな種,それは王国の子たちです。それに対し,雑草は邪悪な者の子たちであり,39 それをまいた敵は悪魔です。収穫は事物の体制の終結であり,刈り取る者はみ使いたちです。40 それゆえ,雑草が集められて火で焼かれるのと同じように,事物の体制の終結のときにもそのようになります。41 人の子は自分の使いたちを遣わし,彼らは,すべてつまずきのもとになるものや不法を行なっている者を自分の王国から集め出し,42 それを火の燃える炉の中に投げ込みます。そこで[彼らは]泣き悲しんだり歯ぎしりしたりするでしょう。43 その時,義人たちはその父の王国で太陽のように明るく輝くのです。耳のある人は聴きなさい。



小麦と雑草を人が識別できるのでしょうか。
いいえできません。人間は雑草と一緒に小麦も根こぎにするかもしれません。

小麦と雑草の収穫は人間の組織がするのでしょうか。
いいえ、み使いたちによりなされます。



忠実で思慮深い奴隷の任命は自己推薦によるのでしょうか。

コリント第二 10:18
18 自分を推薦する者が是認されるのではなく,エホバの推薦される人が[是認される]のです。


ものみの塔の解釈は、これらの全ての点で誤っています。
なぜ、その誤りに気づかないのでしょうか。
あるいはなぜ、あえてその誤りの教えを広めているのでしょうか。

その答えは、キリストの帰還の前の今は、羊のような人々を騙して支配を始める最適な時だからです。

キリストの到来は、未だ将来のことにも関わらず、ものみの塔は「キリストの臨在」という聖書にないアイディアで自らの解釈と主張の正当性をアピールしてきました。

1914年からキリストの目に見えない臨在が天で始まった。
1919年に忠実で思慮深い奴隷の任命があった。
それ以来、小麦がものみの塔協会により集められている。
と主張し自らの存在目的と価値を神に由来するとして高めて全世界で700万人に及ぶ人々の信頼を獲得してきました。

しかし、事実は、
聖書は、キリストの臨在(キリストの到来までの1世代の移行期間)を教えていません。
聖書は、キリストの到来(coming)を教えており、その時と時刻は誰も知らないと述べています。
聖書は、小麦と雑草を人が見分けることはできないと教えています。
聖書は、小麦と雑草の収穫は、人間ではなく天のみ使いたちにより、キリストの到来(coming)の時になされると教えています。




聖書は、キリストの到来の時に、各々の業によって各自が個人的に報いを受けると教えています。

マタイ 16:27
27 人の子は,自分の使いたちを伴って父の栄光のうちに到来することに定まっており,その時,各々にその振る舞いに応じて返報するのです。

ものみの塔協会は、「臨在」という偽りによって、これまで全世界で聖書を用いた商売を拡大し多くの信者の獲得に成功してきました。信者たちは、ものみの塔協会を神の組織と信じ、時間、体力、能力、物質を寄付し組織の拡大に貢献してきました。

おかげで、宗教組織の免税特権もあり、ものみの塔協会は多国籍宗教企業となり、その組織のオーナー、つまり株主たちの資産を不動なものにしました。

それで、この多国籍宗教企業は、キリストの到来の時に、キリストの到来の教えを用いた宗教詐欺の言い逃れができません。




人の子が栄光のうちい到来するとき、雑草の中に埋もれている王国の子たちはみ使いたちにより天へ収穫されるでしょう。



それまでは、だれも小麦を正確に識別することはできません。
小麦は、ものみの塔協会の中だけに集められているのではありません。
また、小麦の収穫は「ものみの塔協会」のような人間の宗教組織の活動によってではなく天のみ使いたちによってなされます。


ですから、19-20世紀初頭に自己推薦により出現した「ものみの塔」、「モルモン」、その他のさまざまな宗教組織は小麦としての聖書的な根拠をもっていません。

No comments:

Post a Comment