Sunday, July 5, 2015

神の裁き

神の裁きは、神の残虐性の現われではありません。
それは堕落した有害な者たちの処刑であり、悪を断つことです。



あなたは、人を裁く神の権利を認められるでしょうか。

ヤコブ 4:12
12 立法者また裁き主である方はひとり,それは救うことも滅ぼすこともできる方です。しかし,[自分の]隣人を裁くあなたは,いったいだれなのですか。

命はそれをふさわしく用いる人への神からの贈物です。
もし、人が命と自由意志を誤用し殺人、強姦、近親相姦、動物の虐殺、乳飲み子の犠牲、偶像崇拝を楽しみそれを何とも思わない社会を作ったなら、命の賜物の贈り主はどうするでしょうか。

そのようなサタンと悪霊の倒錯した霊に導かれる社会を終わらせるでしょう。
カナンの地の住民はそのような社会を作りました。

その悪の深度がピークにいたるまで何百年もかかりました。
神はその事態の進展を予測して何百年も前にアブラハムにご自分の計画を伝えています。

創世記 15:16
16 しかし四代目に彼らはここに戻って来る。アモリ人のとががまだ満ちていないからである。

カナンの地の住人は、ソドムとゴモラと同じ道徳状態に陥り、その土地が彼らを吐き出すことになりました。
イスラエルは神の刑執行者として用いられたとはいえ、後に同じ罪を国家的規模で犯し、やはり土地から吐き出されることになりました。

レビ記 18:1–30
1 エホバは引き続きモーセに話してこう言われた。2 「イスラエルの子らに話しなさい。彼らにこう言わねばならない。『わたしはあなた方の神エホバである。3 あなた方の住んでいたエジプトの地の風習に従ってはならない。また,わたしがあなた方を携え入れるカナンの地の風習に 従ってもならない。彼らの法令によって歩んではならない。4 あなた方は,わたしの司法上の定めを実行し,わたしの法令を守ってそのうちを歩むように。わたしはあなた方の神エホバである。5 それであなた方はわたしの法令と司法上の定めとを守らねばならない。それを守り行なうなら,人はそれによって必ず生きるのである。わたしはエホバである。
6 「『あなた方は,すなわちあなた方のうちのだれも,自分の身近な肉親に近づいてその裸をさらしてはならない。わたしはエホバである。7 あなたの父の裸,また母の裸をさらしてはならない。それはあなたの母である。その裸をさらしてはならない。
8 「『あなたの父の妻の裸をさらしてはならない。それはあなたの父の裸である。
9 「『あなたの姉妹,すなわちあなたの父の娘あるいは母の娘の裸については,同じ家に生まれたにしても外で生まれたにしても,あなたはその裸をさらしてはならない。
10 「『あなたの息子の娘または娘の娘の裸については,あなたはその裸をさらしてはならない。それはあなたの裸だからである。
11 「『あなたの父の妻の娘,すなわちあなたの父の子の裸については,それはあなたの姉妹であるから,あなたはその裸をさらしてはならない。
12 「『あなたの父の姉妹の裸をさらしてはならない。それはあなたの父の血縁である。
13 「『あなたの母の姉妹の裸をさらしてはならない。それはあなたの母の血縁だからである。
14 「『あなたの父の兄弟の裸をさらしてはならない。その妻に近づいてはならない。それはあなたのおばなのである。
15 「『あなたの息子の嫁の裸をさらしてはならない。それはあなたの息子の妻である。その裸をさらしてはならない。
16 「『あなたの兄弟の妻の裸をさらしてはならない。それはあなたの兄弟の裸である。
17 「『女とその娘の裸を共にさらしてはならない。その息子の娘や娘の娘もめとってその裸をさらしてはならない。それらは血縁の関係である。それはみだらな行ないである。
18 「『また,女をその姉妹に加えて,それに張り合う者としてめとり,その裸をあらわにしてはならない。つまり,彼女の生きている間に彼女のほかに[これをめとってはならない]。
19 「『また,不浄である月経の期間中に女に近づいてその裸をさらしてはならない。
20 「『また,あなたの射精をあなたの仲間の者の妻に与え,それによって汚れた者となってはならない。
21 「『また,あなたの子のいずれかをモレクにささげるようなことを許してはならない。あなたの神の名をそのようにして汚してはならない。わたしはエホバである。
22 「『また,あなたは女と寝るようにして男と寝てはならない。それは忌むべきことである。
23 「『また,あなたは獣に対して射精し,それによって汚れた者となってはならない。女も獣の前に立ってこれと交接してはならない。それは自然に背くことである。
24 「『これらの事のいずれによってもあなた方の身を汚してはいけない。わたしがあなた方の前から去らせる諸国民はこれらのすべての事によってその身を汚したのである。25 そのためにその地は汚れており,わたしはそのとがのゆえにそれに処罰を加え,その地もそこに住む民を吐き出すのである。26 ゆえにあなた方は,わたしの法令と司法上の定めとを守らねばならない。あなた方は,その地に生まれた者もあなた方の中に外国人として住んでいる外人居留者も,これらすべての忌むべき事柄のどれを行なってもならない。27 あなた方より前にいたその地の人々が,これらすべての忌むべき事柄を行なったゆえに,その地は汚れているのである。28 そのようにすれば,その地は,あなた方より前にいた諸国民を必ず吐き出すとしても,それと同じようにこれを汚したことであなた方をも吐き出すということはないであろう。29 だれにせよこれらすべての忌むべき事柄のどれかを行なうならば,それを行なった魂はその民の中から断たれねばならない。30 ゆえにあなた方は,わたしに対する務めを守って,あなた方より前に行なわれていた忌むべき習慣のどれをも行なうことのないようにしなければならない。それによってあなた方の身を汚すことのないためである。わたしはあなた方の神エホバである』」。

列王第一 14:21-24
21 一方ソロモンの子レハベアムは,ユダで王になっていた。レハベアムは治めはじめたとき四十一歳で,エホバがご自分の名を置くためにイスラエルのすべての部 族の中から選ばれた都,エルサレムで十七年治めた。そして彼の母の名はナアマといって,アンモン人の女であった。22 そして,ユダはエホバの目に悪いことを行ない続けたので,その父祖たちが自分たちの犯した罪によって行なったすべてのことに勝って[神]にねたみを起こさ せた。23 そして彼らもまた,自分たちのために,すべての高い丘の上や,すべての生い茂った木の下に,高き所や聖柱や聖木を建て続けた。24 それに,この地には神殿男娼さえいた。彼らは,エホバがイスラエルの子らの前から追い払われた諸国民の,すべての忌むべきことをならって行なった

歴代 第二 28:3
3 そして彼は,ヒンノムの子の谷で犠牲の煙を立ち上らせ,エホバがイスラエルの子らの前から追い払われた諸国民の忌むべきことにならって,自分の子らを火で焼くようになった。

詩篇 106:34-38
34 彼らは,エホバが自分たちに[そう]言われたのに,
もろもろの民を滅ぼし尽くすことをしませんでした。
35 そして,諸国民と混じり合い,
彼らの業を学ぶようになりました

36 また,その偶像に仕えつづけ,
それらは彼らにとってわなとなりました。
37 また,自分の息子や娘を
悪霊に犠牲としてささげてゆきました。
38 こうして,罪のない血を,
彼らの息子や娘の血を流しつづけました。
それらの者を彼らはカナンの偶像に犠牲としてささげたのです。
その地は流血で汚されることになりました

エゼキエル 9:9-10
9 すると,その方はわたしに言われた,「イスラエルとユダの家のとがは甚だ大きく,この地は流血に満ちており,この都市はよこしまに満ちている。彼らは,『エホバはこの地を捨てた。エホバは見ていない』と言ったからである。10 それでわたしとしても,わたしの目は惜しみ見ず,わたしは同情を示さない。わたしは彼らの道を必ず彼らの頭にもたらす」。


神の基準の正しさを疑う理由はありません。
その義の基準にしたがってなされる裁きは公正で関係者すべての益となります。

邪悪な霊と、それによって導かれる人々が共に除かれるとき、そんれによって苦しめられる犠牲者はいなくなります。

現在、サタンの世はその悪のピークに向かって腐敗を促進させています。
そのために、多くの犠牲者の涙が流されています。
この状態は、キリストの帰還の「主の日」の裁きのときまで続くでしょう。

すべての王国の子たちは第一の復活と、み使いにより地の四方から天に集められて、キリストとともにその裁きの執行にあずかります。それは、サタンとサタンの胤の頭を砕くときとなり、すべての悪が裁かれて相応の報いを刈り取るでしょう。

それで、カナン人、及び背教のイスラエル人は普通の罪人でありません。
それを裁く者は人間ではありません。
それは、心と腎を調べる神のみが行なえる裁きです。
そして、その裁きを疑う正当な理由はありません。

創世記 18:32
32 最後に彼は言った,「どうかエホバがお怒りにならないで,いま一度だけお話しさせてくださいますように。もしそこに十人が見いだされるとしたら」。それに対してこう言われた。「その十人のゆえに,それを滅びに至らせることはしない」。

実際には、ソドムとゴモラには義人は、10人もいませんでした。
それで、エホバ神はみ使いを遣わしロトとその家族を救出されました。
その途中でロトの妻は命を失いました。
エホバ神の愛や義は変わりません。


ペテロ第二 2:
4 まさに神が,罪をおかしたみ使いたちを罰することを差し控えず,彼らをタルタロスに投げ込んで,裁きのために留め置かれた者として濃密な闇の坑に引き渡さ れたのであれば,5 また,古代の世を罰することを差し控えず,不敬虔な人々の世に大洪水をもたらした時に義の伝道者ノアをほかの七人と共に安全に守られた[のであれば],6 また,ソドムとゴモラの都市を灰に帰させて罪に定め,来たるべき事の型を不敬虔な者たちに示された[のであれば],7 また,無法な人々の放縦でみだらな行ないに大いに苦しんでいた義人ロトを救い出された[のであれば]—8 この義人は日々彼らの間に住んで見聞きする事柄により,その不法な行ないのゆえに,自分の義なる魂に堪えがたい苦痛を味わっていたのですが—9 当然エホバは,敬虔な専心を保つ人々をどのように試練から救い出すか,一方,不義の人々,10 わけても,肉を汚そうとの欲望を抱いてそれに従い,主たる者の地位を見下す者を,切り断つ目的で裁きの日のためにどのように留め置くかを知っておられるのです。


邪悪なカナン人の風習の中で育った人でも、個々の人はエホバ神の真の崇拝を受け入れることができました。

レハブは、娼婦でしたけれどエホバの崇拝者になりました。
ルツは、カナン人でしたけれどやはりエホバの崇拝者になりました。
この2人の婦人は、キリストの先祖となっています。

この例から分かるように、エホバ神は義を愛する人を決して無視なさいません。
神は義なる人をどのように救うかをご存知です。
それを疑う権利や妥当性はありません。



次にヨブの間違い

苦しみの中でヨブは神の正しさを擁護し損ねました。
彼は苦しみが神からのものと見なして推論したため神を擁護できませんでした。
それで彼は神から正されることになりました。

ヨブ 40:6-8
6 そこでエホバは風あらしの中からヨブに答えて言われた,
7 「どうか,強健な人のように,あなたの腰に帯を締めるように。
わたしはあなたに尋ねるので,あなたはわたしに知らせよ。
8 実際,あなたはわたしの公正を無効にしようとするのか
あなたは自分が正しい者とされるために,わたしを邪悪な者とするつもりか


神との会話の末にヨブは、神に対する正しい見方を得ることができました。

ヨブ 42: 1-6
1 そこでヨブはエホバに答えて言った,
2 「私はあなたがすべてのことをなし得ることを知りました。
あなたには達成し得ない考えはないことを。
3 『知識がないのに計り事を暗くしているこの人はだれか』。
それゆえ,私は語りましたが,理解していませんでした。
私の知らない,私にとって余りにもくすしいこと

4 『どうか,聞くように。そうすれば,わたしが話すであろう。
わたしはあなたに尋ねるので,あなたはわたしに知らせよ』。
5 私はあなたのことをうわさで聞いていましたが,
今は,私のこの目があなたを確かに見ております。
6 それゆえに,私は撤回し,
塵と灰の中でまさしく悔い改めます」。


知識の限られた、また心や腎を調べることもできない単なるわたしたち人間が知識の全き方、心と腎を調べられる方を邪悪、残虐、暴力を好むと裁けるでしょうか。

そのようなことは、わたしにとって、全く考えられないことです。
それは、サタンとなった者の見方でしょう。

全能者の愛や善良さに疑いをもつことから始まり、サタンは神を低め愛せなくなりました。
それは、その者の利己的な関心事の言い訳となったことでしょう。

それで、JWの兄弟姉妹たち、そのような神を低めるような浅薄な推論の犠牲となってはいけません。

わたしたちの天の父は決して邪悪な方ではありません。
その方の裁きは公正で愛と憐れみのうちに執行されます。

No comments:

Post a Comment