Friday, July 10, 2015

霊による油注ぎ

霊による油注ぎについて書きます。


ものみの塔協会の誤りの教えにより、クリスチャンに2つの希望が提供されています。

天的希望と地的希望です。

しかし、聖書はクリスチャンに天的希望だけを差し伸べています。
地的な希望はクリスチャンのものではありません。


キリスト教時代(キリストが王国の宣教を開始してから、王国の子たちを迎えに帰還するまでの間)は、ただ一つの召ししかありません。
それは天への召しです。

それで、どの時代のクリスチャンも全て天的クラスです。




聖書の主題

聖書は、約束の胤の物語です。
約束の胤は、サタンの自己中心的な業を一掃し、愛ある神の本来の目的を回復するでしょう。
サタンの世がもたらした全ての損害は、期待を超えて償われるでしょう。

創世記 3:15
15 そしてわたしは,お前と女との間,またお前の胤と女の胤との間に敵意を置く。彼はお前の頭を砕き,お前は彼のかかとを砕くであろう」。

創世記 22:18
18 そして,あなたの胤(アブラハムの胤)によって地のすべての国の民は必ず自らを祝福するであろう。あなたがわたしの声に聴き従ったからである』」。

ガラテア 3:16, 26-29
16 さて,その約束はアブラハムとその胤に語られました。それが大勢いる場合のように,「また[多くの]胤に」とではなく,一人の場合のように,「またあなたの胤に」と述べてあり,それはキリストのことなのです。
26 現にあなた方は皆,キリスト・イエスに対する信仰によって神の子なのです。 27  キリストへのバプテスマを受けたあなた方は皆キリストを身に着けたからです。 28  ユダヤ人もギリシャ人もなく,奴隷も自由人もなく,男性も女性もありません。あなた方は皆キリスト・イエスと結ばれて一人の[人]となっているからです。 29  さらに,キリストに属しているのであれば,あなた方はまさにアブラハムの胤であり,約束に関連した相続人です。

このように、全人類を祝福する約束の胤は、キリストとその追随者たちであることが分かります。
そして、キリストの追随者たちは聖書の中で、「アブラハムの胤」、「神のイスラエル」、「クリスチャン」、「キリストの体」、「神の神殿」、「キリストの会衆」、「約束の相続人」、「王国」、「祭司」、「王国の子たち」、「小麦」、「羊」、「オリーブの枝」、「144,000人(文字通りの数ではない)」、「キリストの花嫁」などと呼ばれています。

クリスチャンギリシャ語聖書は、これらのキリストの追随者たちに宛てられており、それらの約束の胤によって、自らを祝福する諸国民については、限られた言及しかありません。

それで、聖書だけを読み通すなら、誰でもキリストを受け入れたものたちが、約束の胤として天に召されていることが理解できます。

キリスト教時代の、差し伸べられている希望は1つしかありません。
それは、ものみの塔が先走って強調している地的希望ではありません。


地にあるもの
地的希望(約束の胤により、自らを祝福する諸国民)

エフェソス 1:10
10  定められた時の満了したときにおける管理のためにご自身のうちに意図された意向によるものであり,すなわちそれは,すべてのもの,天にあるもの(約束の胤)地にあるもの(世)を,キリストにおいて再び集めることです。[そうです,キリスト]において,

ヨハネ 3:16
16 というのは,神はを深く愛してご自分の独り子を与え,だれでも彼に信仰を働かせる者が滅ぼされないで,永遠の命を持てるようにされたからです。

ヨハネ第一 2:2
2 そして彼はわたしたち(約束の胤)の罪のためのなだめの犠牲です。ただし,わたしたちの[罪]のためだけではなく,全世界の[罪]のためでもあります。

これらの「地にあるもの」は、キリストが戻られるとき集められ、大艱難を通過し新しい地において真の崇拝を学びアダムが失った祝福を全て回復するでしょう。

マタイ 25:31-32
31 「人の子がその栄光のうちに到来し,またすべてのみ使いが彼と共に[到来する]と,そのとき彼は自分の栄光の座に座ります。 32  そして,すべての国の民が彼の前に集められ,彼は,羊飼いが羊をやぎから分けるように,人をひとりひとり分けます。 33  そして彼は羊を自分の右に,やぎを自分の左に置くでしょう。

啓示 7:14
14 それでわたしはすぐ彼に言った,「わたしの主よ,あなたが知っておられます」。すると彼はわたしに言った,「これは大患難から出て来る者たちで,彼らは自分の長い衣を子羊の血で洗って白くした。

このように、「地にあるもの」を集めることは、キリスト教時代の後に生じます。

ですから、地的クラスの希望を不当に強調して全世界で700万人の信者を集めたものみの塔協会は、聖書を用いて騙りを働く不法なものたちです。

彼らは、無知、洞察の無さ(あるいは意図的かもしれない)により、聖書の真理を混乱させ人々から天を閉ざしてきました。それは、サタンの企てであり、神を崇拝していると言い張っていたパリサイ人と同じで、彼らの父はサタンです。


マタイ 23:13
13 「偽善者なる書士とパリサイ人たち,あなた方は災いです! あなた方は人の前で天の王国を閉ざすからです。あなた方自身が入らず,また入る途中の者が入ることをも許さないのです。



ものみの塔の統治体は、全員にせ者です。

啓示 2:2
2 『わたしはあなたの行ないを知っている。また,あなたの労苦と忍耐を,そしてあなたが悪人たちに耐えることができず,使徒であると言いはするが[実は]そうでない者たちを試して,それが偽り者であるのを見いだしたことを[知っている]。


再び生まれる
キリストを受け入れた者(天にあるもの、約束の胤)がどのように聖霊により油注がれるかを聖書は簡単に説明しています。

聖書が述べていることは以下のとおりです。

ヨハネ 3:3, 5, 8
3 イエスは答えて言われた,「きわめて真実にあなたに言いますが,再び生まれなければ,だれも神の王国を見ることはできません」。
5 イエスは答えられた,「きわめて真実にあなたに言いますが,水と霊から生まれなければ,だれも神の王国に入ることはできないのです。
8 風はその望む所に吹き,あなたはその音を聞いても,それがどこから来てどこへ行くのかを知りません。霊から生まれた者も皆そのようです」。

ヨハネ 1:12-13
12 しかし,彼を迎えた者,そうした者たちすべてに対しては,神の子供となる権限を与えたのである。その者たちが,彼の名に信仰を働かせていたからである。 13  彼らは,血から,肉的な意志から,また人の意志から生まれたのではなく,神から[生まれた]のである。

水と霊から生まれることは、神の意思、約束によります。

神は、霊と真理を持って崇拝する真の崇拝者を探していると、イエスは述べています。
そしてそれらの真の崇拝者は、神の王国のための約束の胤であり、イエスと共同の相続人となる人々です。

神は、それらキリストに信仰を働かせる真の崇拝者の心に、み子の霊を送ることを約束しています。

ヨハネ 4:23
23 とはいえ,真の崇拝者が霊と真理をもって父を崇拝する時が来ようとしています。それは今なのです。実際,父は,ご自分をそのように崇拝する者たちを求めておられるのです。

ガラテア 4:6-7
6 では,あなた方は子なのですから,神はご自分のみ子の霊をわたしたちの心の中に送ってくださり,それが,「アバ,父よ!」と叫ぶのです。 7  ですから,もはや奴隷ではなくて子です。そして,子であれば,神による相続人でもあります。

キリストを受け入れた人は誰でも約束の胤になるように招かれています。
それで、イエスは神に祈る際、神を「天の父」と呼ぶように教えました。
ユダヤ人はそのような習慣を持っていません。
彼らは、神にエホバ神と呼びかけて祈っています。

これらの変化はキリストの贖いにより可能となりました。
それで人々は、キリストの良いたよりによって、この変化を学び、信仰を築き、天の希望を確信するようになります。

その信仰は、神の霊の働きの結果です。
信仰のない人は、知的にこの話を理解できるでしょうけど、心が伴わないでしょう。
ですから、理解したことを心から受けることは無くそれに希望をおくこともないでしょう。
そのような人にとって聖書のことばは本来の意図を外したたとえで理解されます。

マタイ 13:10-11, 34
10 そこで弟子たちが寄って来て,彼に言った,「例えを使って彼らにお話しになるのはどうしてですか」。 11  [イエス]は答えて言われた,「あなた方は,天の王国の神聖な奥義を理解することを聞き入れられていますが,あの人々は聞き入れられていません
34 イエスはこれらのすべてを例えで群衆に話された。実際,例えを用いないでは話そうとされなかった。

ルカ 8:10
10 [イエス]は言われた,「あなた方は,神の王国の神聖な奥義を理解することを聞き入れられていますが,残りの人々にとって,それは例えによるのです。彼らが見ていてもむだに見,聞いていても意味を悟らないようにするためです。

ですから、もしあなたがキリストについての話を理解でき、心の中で信仰を働かせているなら、その信仰は単にあなたからのみ生じるものではありません。それは神の霊の働きの結果です。

コリント第一 3:6-7
6 わたしは植え,アポロは水を注ぎました。しかし,神が[それを]ずっと成長させてくださったのです。 7  ですから,大切なのは,植える者でも水を注ぐ者でもなく,成長させてくださる神なのです。

エフェソス 1:12-13
12 それは,キリストに望みを置く点で最初の者となったわたしたちが,その栄光の賛美に仕えるためでした。 13  しかしあなた方も,真理の言葉,すなわちあなた方の救いについての良いたよりを聞いた後,この方に望みを置きました。そして信じた後,やはりこの方により,約束の聖霊をもって証印を押されたのです。



まとめ
子としての霊の注ぎは神の胤の約束によります。
その約束は、キリストの良いたよりにより与えられます。
キリストを信じた後に、人は霊により証印されます。
エホバ神の真の崇拝者たちは、すべて自分の召しを確信するようになるでしょう。

エフェソス 1:, 16-19
16  あなた方のことを感謝してやみません。わたしは自分の祈りの中で引き続きあなた方のことを述べています。 17  わたしたちの主イエス・キリストの神,栄光の父が,ご自身についての正確な知識という点で知恵と啓示の霊をあなた方に与えてくださるようにするため, 18  [また,]あなた方の心の目が啓発されて,[神]があなた方を召してくださったその希望は何か,聖なる者たちのための相続財産として[神]が擁しておられる栄光ある富は何か, 19  そして,わたしたち信じる者に対する[神]の力の卓抜した偉大さがどんなものかを,あなた方が知るようになるためです。

エフェソス 4:1-6
1 それゆえ,主にあって囚人となっているわたしが,あなた方に懇願します。あなた方の召された召しにふさわしく歩み, 2  全くへりくだった思いと温和さとをもち,また辛抱強さをもって愛のうちに互いに忍び, 3  結合のきずなである平和のうちに霊の一致を守るため真剣に励みなさい。 4  体は一つ,霊は一つです。それは,あなた方が自分たちの召されたその一つの希望のうちに召されたのと同じです。 5  主は一つ,信仰は一つ,バプテスマは一つです。 6  すべての者の神また父は一つであり,すべての上に,すべてを通し,すべての中におられるのです。

キリストが帰還するまでのキリスト教時代の召しは、ただ1つしかありません。
それは、天への召しです。
今はまだ、約束の胤を集めるときです。

ヨハネ 14:1-3
1 「あなた方の心を騒がせてはなりません。神に信仰を働かせ,またわたしにも信仰を働かせなさい。 2  わたしの父の家には住むところがたくさんあります。そうでなかったなら,わたしはあなた方に告げたことでしょう。わたしはあなた方のために場所を準備しに 行こうとしているのですから。 3  そしてまた,わたしが行ってあなた方のために場所を準備したなら,わたしは再び来て,あなた方をわたしのところに迎えます。わたしのいる所にあなた方もまたいるためです。



ローマ 12:12
12 希望によって歓びなさい


聞く耳のある人は、聴きなさい。

No comments:

Post a Comment