Friday, June 26, 2015

どっちが先?

どっちが先ですかね。
気持ちと思考能力?


思考能力がなければ気持ちが起きますかね。
動物と石ころに高度の思考能力がありますかね。
できる(能力があるから)から、その気になるのかな?
その気になったら、能力がないのにできるのかな?

気持ちがあれば思考力を発展させることができますかね。
空を飛びたい人は羽が生えますかね。

美人になりたい女性はすべて望みどおりになりますかね。 (将来神が壊れた遺伝子をもとに戻せば全て完全なバランスの取れた容姿端麗になりますけど)



どっちが先か、ドウドウ巡り。

私には、本能という言葉で簡単に表現される高度のポテンシャルが既に与えられているように見えます。

言語習得ポテンシャル、現象の数量計測ポテンシャル、空間認知ポテンシャル、自己認知ポテンシャル、原因結果を推察するポテンシャル、その他多数のポテンシャル。

これらのポテンシャルは自分で開発したのでも、時間が産み出したものでもありませんね。

コリント第一 4:6
6 . . . 実際,自分にあるもので,もらったのではないものがあるのですか。では,確かにもらったのであれば,どうしてもらったのではないかのように誇るのですか。

どこから来たのかポテンシャル。




まだまだあるよ。謎謎(なぞなぞ)!

前頭葉を自分で発達させた?
これからも発達させていく?
本当ですかね。
観察と推論不足ですね。
ポテンシャルが最初から与えられているのではないですかね。
石ころにそのようなポテンシャルはありませんね。

カラスは、カラスとしてのポテンシャルしかありませんね。
ねずみは、ねずみ、
ライオンは、ライオン
犬は、犬
猫は、猫
動物にあるポテンシャルはそれぞれ異なりますね。(ある基本的なポテンシャルは共通していますけど)

人間のポテンシャルは無限ですね。
無限を意識し推論できるのは人間だけですね。

人間も、動物も子孫を産み出すことができますが、その仕組みを自分で発達させたと、簡単に主張する人はあまりにも短絡的ですね。
自然にそうなったと言う人も同じですね。

自然という言葉をあたかも創造者でもあるかのように使っていますね。

そんな思考パターンは論理的な推論を迂回(バイパス)して結果と原因を短絡していますね。
結果を生み出すメカニズムを自分で発達させた、あるいは自然にそうなった(意味不明)と短絡的に良く主張できるもんだなぁ~。

メカニズム、ポテンシャルは知恵、理解、力の産物です。
誰の?自分の?自然の?

石ころや動物やコンピュータにそのような推論はできないでしょう。

無神論者が良く口にする、自然界の知恵、バランス、正確に動くメカニズムは誰ものなのかな。

ヘブライ 3:4
4 言うまでもなく,家はすべてだれかによって造られるのであり,すべてのものを造られたのは神です。


おまけ
地上の全ての営み(人間と他の生き物)を自然という言葉で片付ける人たちがいわゆる進化論者なんだなぁ~。

お母さんがホットケーキを作りました。
お母さんのホットケーキはおいしいね。

進化論者:おいしいホットケーキが自然にできた。自然ありがとう。いただきま~す。

お父さんがおもちゃを作りました。
お父さんのおもちゃは楽しいね。

進化論者:楽しいおもちゃが自然にできた。自然ありがとう。






まだまだ続くよ楽しい推論

科学的ってどういう意味?

Wikiから
科 学的方法(かがくてきほうほう)とは、物事を調査し、結果を整理し、新たな知見を導き出し、知見の正しさを立証するまでの手続きであり、かつそれがある一 定の基準を満たしているもののことである[1][2][3][4][5]。科学的な方法は、科学的手法、科学的検証ともいわれる。

「一定の 基準とはそもそも何か」という問題は諸論があるが、大まかにいえば、その推論過程において「適切な証拠から、適切な推論過程によって推論されていること」 [3]、「仮説検証型」[3]の調査プロセスが要求される。また、扱う対象が、測定、定量化が可能であることが望まれることも多い。

デジタル大辞泉の解説
かがく‐てき 〔クワガク‐〕 【科学的】
[形動]
1 考え方や行動のしかたが、論理的、実証的で、系統立っているさま。「―な説明」
2 特に自然科学の方法に合っているさま。「―な知識に乏しい」



どっちが科学的かな。

進化論かな、創造論かな。



進化論

膨大な時間が今ある無数の生命、最高の人知(人間の脳)を生み出した。

この主張は、果たして論理的で実証的か?

ま ず、膨大な時間を観察できる者が一人もいないので観察することができない。その主張は独りよがりの推論の域を出ない。今ある現象を観察しても、秩序の増大 は、そもそもそのようなプログラム、或いはポテンシャルが備わっていなければどこにも見られない。既存のプログラム、ポテンシャルの起源を永遠の彼方に放 り投げ論理的で追跡的な思考を投げ捨ててしまっている。原因追求のために、物事を一つ一つ観察に基づいて系統的に調査熟考することを、原因確定に至るまで 続けず、「永遠の時間により、徐々にそうなった」と突然結論付ける。

全く科学的でないね。
これは迷信 (superstition) だね。
そうか分かった、だから進化論者は自然崇拝を好むのか。




創造論

知恵、理解、力により無数の生命、最高の人知(人間の脳)が生み出された(企画、設計、創造された)。

この主張は、論理的、実証的だね。
いつも我々の周りで観察されているし、世界はその主張の証拠に満ち溢れている。
誰か、あるいは何かの意図的、知的な働きかけがない限り何も起きない。
誰かの知的働きかけがあれば物事が生じることが、いつもどこでも観察されている。



朝8:00に家を出て会社に行きました。

家には誰もいません。

夕方17:30に家に帰りました。

部屋の状態は同じで何の変化もありませんでした。
おや!良く見るとベランダの窓が開いていました。
おかしいな。閉めて出たんだけどなぁ~。
アッ!引き出しにしまっていた通帳が無くなっている。

9時間の間に自然にそうなったか。仕方がない。
このように推論する人は「天才バカボン」です。

時間は1時間でも∞時間でも、プログラムなされていない限り何も生じさせません。
この事例の場合、「泥棒にやられた」と、誰もが推論するでしょう。

泥棒の意図、知的働きかけが結果を生み出したのです。
わたしたちの身の回りに生じているすべてのことは、誰か(いくらかの生き物)の意図、知的働きかけの結果です。

そのように考えることは論理的であり、実証的です。
それで、仮に犯罪が犯されたなら、犯人追求が始まります。

原因は、自然とかいう抽象概念ではなく実体のある何ものかが関わっていることが明白だからです。

それで、創造論は証明のための証拠が乏しいどころか、全宇宙は第一原因の存在を物語る証拠で満ちています。

その証拠を読み違えるものは天才バカボンだけでしょう。

ローマ 1:19-20
19 神について知りうる事柄は彼らの間で明らかだからであり,神がそれを明らかにされたのです。20 というのは,[神]の見えない[特質],すなわち,そのとこしえの力と神性とは,造られた物を通して認められるので,世界の創造以来明らかに見えるからであり,それゆえに彼らは言い訳ができません。

詩篇 19:1
1 天は神の栄光を告げ知らせ,
大空はみ手の業を語り告げている。




おまけ
人間の科学者たちが人知を結集して生命を作ろうとしたり、人間のように自己プログラムするロボットを作ろうとしたりしていますが、それは誰かの知的作用が生命や人間の脳の機能を生み出す(作り出す)ことの証明であり、時間のような抽象概念が物事を産み出すという愚かな主張の誤りの証明です。

No comments:

Post a Comment