Thursday, June 25, 2015

第一原因

 すべてのものの第一原因について考えて見ましょう。


結果から原因を考えることができるのは、地上では人間だけですよね。
猫や犬にはそのようなことはできません。(条件反射は推論ではありません)
ましてや、石ころにそのような思考力はありません。

人間の思考力はどこからきましたか。
自然の摂理や神秘からですか。

自然の摂理、あるいは神秘って何ですか。
知性や喜怒哀楽をうみだす原動力ですか。
そうであれば、それが人格の源でしょう。

時間は何も産み出しません。

時間は思考の産物であり、量を測る単位に過ぎません。
そのような想像上の概念に実体を産み出す力などありません。

それで、何百光年の時間が人間を生み出したという主張は、
何百兆トンあるいは無限の質量が人間を生み出したとか、無限の平方メートルの空間が人間を生み出したなどと言うことと少しもかわりません。

つまり、正しい推論の仕方を無限のかなたに投げ捨てているのであり、論理思考の停止です。
無限とか時間のような概念に宇宙、秩序、その中の多種多様な生き物、人格を持つ人間を生み出す力などありません。

自然の摂理、神秘の実体である第一原因が存在します。
その方は、わたしたちと同じ人格をお持ちです。
わたしたちの思考能力、人格は、その方の神性の反映です。

ローマ 1:20-22
20 というのは,[神]の見えない[特質],すなわち,そのとこしえの力と神性とは,造られた物を通して認められるの で,世界の創造以来明らかに見えるからであり,それゆえに彼らは言い訳ができません。21 彼らは,神を知りながら,それに神としての栄光を付さず,また感謝せず,その推論するところにおいて無能な者となり,その悟りの悪い心は暗くなったので す。22 自分は賢いと唱えながら,彼らは愚かとなり,23 不朽の神の栄光を,朽ちる人間の,また鳥や四つ足の生き物やはうものの像のようなものに変えました。

進化論者は、証明できないことを証明しようとして論理的思考に反して、物事の起源についてアクロバット的な説明(論理の飛躍)しかできません。

そのような人は、結果から原因を推論することにおいて無能な者となり、人知が無限の時間によって生みだされたと信じ、その悟りの悪い心は暗くなり、自分は賢いと唱えながら愚かとなり、自然の神秘とかにおののき敬意を示すものとなっています。

神秘の原因である神へ向けられるべき崇敬の念を、自らの無能な推論や無限のような概念に向ける愚かなことをしています。

全てのものを創造された知恵と力をもつ第一原因こそ賛美されるべきです。

ローマ 1:25
25 すなわちそれは,神の真理を偽りと換え,創造した方より創造物をあがめてそれに神聖な奉仕をささげた者たちです。[創造した]方こそ永久にほめたたえられるのです。アーメン。

啓示 4:11
11 「エホバ,わたしたちの神よ,あなたは栄光と誉れと力を受けるにふさわしい方です。あなたはすべてのものを創造し,あなたのご意志によって[すべてのもの]は存在し,創造されたからです」。

詩篇 146:1-6
1 あなた方はヤハを賛美せよ!
わたしの魂よ,エホバを賛美せよ。
2 わたしは生きている限りエホバを賛美します。
わたしのある限りわたしの神に調べを奏でます。
3 高貴な者にも,地の人の子にも
信頼を置いてはならない。彼らに救いはない。
4 その霊は出て行き,彼は自分の地面に帰る。
その日に彼の考えは滅びうせる。
5 ヤコブの神を自分の助けとする者は幸いだ。
彼の望みはその神エホバにある。
6 [神は,]天と地,海およびそれらの中にあるすべてのものの造り主,
定めのない時に至るまで真実を守られる方,




おまけ
225px-Tesla_Sarony.jpg







ニコラ・テスラはアインシュタインより上手です。歴史から抹殺されたテスラこそが現代の科学技術の天才的発明家と言えます。現代の科学技術は彼の業績といっても過言ではありません。テスラが神を信じていました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Nikola_Tesla











220px-GodfreyKneller-IsaacNewton-1689.jpg



ニュートンは神を信じていました。しかし、彼はものみの塔と同じように予言に夢中になっていました。そして年代計算により終わりは2060年まではこないだろうと述べています




 
 
 
 
 
進化論的発想の結末

無限の時間の果てに石(無機物)から生まれた人間は、石を敬う。

















生殖の神秘を敬う



ついていけないね。
images?q=tbn:ANd9GcRV2cJPzh7yuja6tQTePOnyB5FfXUeudaat3l1cbQac1TOE4P34

No comments:

Post a Comment