Tuesday, June 23, 2015

恐竜 (dinosaurs)

恐竜 (dinosaurs) は人間と共存していた。

アナサジインディアン (Anasazi Indians) アメリカユタ州の岩壁 1300年ごろ








恐竜の陶器 メキシコ、アカンバロ (Acambaro) 渓谷出土 4000年前




ペルー パチャクテク (Pachakutiq) 族 500-1500 AD.













アンコールワットの恐竜彫刻(カンボジア、クメール王朝、8-14世紀)



 アボリジニーのクク・ヤランジ (KuKu Yalanji) 族の描いたヤルー (Yarru) オーストラリア、クィーンズランドの極北





1977年4月25日、ニュージーランド沖で日本の遠洋トロール船「瑞洋丸(ずいようまる)」が操業中に引き上げられた10m ほどの正体不明の腐乱死骸。アボリジニーの描いたヤルーと思われる。













安田教授の説明(瑞洋丸の怪物)




古代エジプトのタイル板の恐竜のリリーフ Nar-mer (first Pharaoh of a united Egypt)






マルコ・ポーロ (Marco Polo) の報告によると中国の皇帝は沢山の恐竜 (dragons) を飼っており、パレードで皇帝の戦車を引くのに用いていたといわれています。1611年ごろ






恐竜は現在でも生きている。
アフリカ、コンゴ、リクアラ湿地帯 (Likouala swamp) のモケレ・ムベンベ (Mokele-mbembe)
 

原住民の描いたモケレ・ムベンベ



宣教師ユージン・トマス (Eugene Thomas) は、2人のピグミーが1959年にモケレ・ムベンベを殺したと報告している。










1925年にカリフォルニアの海岸にに打ち上げられた首の長さが20フィート (6m) の生き物




多くの人が目撃している翼竜 2001年 6/13, 7/6, 9/25 ペンシルベニア州で目撃されている。アメリカインディアンはサンダーバード (Thunderbirds) と呼んでいる。アフリカの未開地では日常的に目撃されている。


















 1860年、合衆国連合軍 (union) の兵士により打ち落とされたサンダーバード



                            呼び名
ザンビア                 コンガマト (kongamato)
ガーナ                    ササボンサム (Sasabonsam)
カメルーン              オリティアウ (Olitiau)
パプアニューギニア、ランブンゾ島        ロペン (Ropen) 飛ぶ悪魔
パプアニューギニア本島                        ドゥア (Duah) 飛ぶ悪魔
インドネシア           オラング・バティ (Orang-Bati) 翼のある人
北アメリカ              サンダーバード (Thunderbird)
中央アメリカ          ケツァルコアトルス (Quetzalcoatlus)


ヨブ記 40:15-19
15 さあ,見よ,わたしがあなたと同様に造ったベヘモトがいる。これは青草を雄牛のように食べる。16 さあ,見よ,その力はその腰にあり,その活動力はその腹の腱に[ある]。17 これはその尾を杉のように垂れる。その股の筋は絡み合っている。18 その骨は銅の管であり,その強い骨は打って造った鉄の棒のようである。19 これは神の道の始まりであり,その造り主は自分の剣をそばに持って来ることができる。
ベヘモトはものみの塔が教えているカバではありません。17節によるとその尾は杉のようであると述べられています。
ヨブ記の描写はそれが恐竜であることを物語っています。そして神が最初に意図されたとおり恐竜は草食です。その鋭い牙は本来堅い木の繊維を砕くためのものです。


カバの尾と恐竜の尾の比較














ヨブ記 41:1-34、詩篇 104:26 のレビヤタンはワニではなく首長竜 (Plesiosaurs) でしょう。




爬虫類は生きている限り成長を続けるので大きいものほど長く生きていることになります。
ノアの洪水の前は生き物は今と比べて巨大であったことが化石から分かります。
現在の教育制度は前提を進化論に置いていますので、現実に存在する証拠と調和できず、いわゆる大衆を喜ばせるミステリーを生み出していますが、化石や現実の証拠にあわせて正しい推論をすれば聖書の記録の真実性がより一層明らかになるでしょう。



ビデオ(英語)
 






No comments:

Post a Comment