Tuesday, June 16, 2015

環境ホルモンと性機能障害


環境ホルモンについて書きます。


環境ホルモンとは?
環境ホルモンが問題となりはじめたのは、1980年頃で世界各地で異常が発見されることによって、研究がされるようになりました。環境ホルモンは、外因性内分泌攪乱物質(化学物質)と呼ばれています。
環境ホルモンという呼び名は、あるひとつの物質の名前ではなく、生物のホルモンの働きを狂わせてしまう物質の総称です。環境ホルモンは、体内の正常な働きをするホルモンの働きを壊すことで、様々な異常を引き起こします。


環境ホルモンの原因
環境ホルモンの原因となっているのは、化学物質です。直接化学物質を大量に摂取していなくても、日々の生活の中で身の回りの多数の化学物質から環境ホルモン は、身体の中に取り込まれています。殺菌剤、防腐剤、殺虫剤、農薬、食品添加物、ダイオキシンなど約70種もの化学物質があげられています。さらに、環境汚染された状態の川や海などからも有害物質が検出されています。産廃処分場の侵出水から30種以上の環境ホルモンが検出されたという例もあります。
これらの環境に流出した化学物質は、生物の食物連鎖をへて濃縮され最終的にわたしたちの食卓に上りおいしく頂くことになります。

その他にも、新建材からホルムアルデヒドなどの揮発性化学物質を吸い込み、シャンプーなどから香りのついた化学物質を吸収し香りの付いた羊水で胎児が育ちます。一時が万事、こんな風に環境ホルモンが体内に入り込みます。



環境ホルモンによる性ホルモンのかく乱作用
生物のからだの中で正常なホルモンは発生や発育などの諸段階において適宜特異的な生理活性を示しま す。ホルモンレセプターを刺激して遺伝子を活性化し、必要な生体反応を起こすスイッチのようなものです。

環境ホルモンは、レセプターに対してホルモンと同じような働きをして、スイッチの適正なON、OFFタイミングを狂わせます。この結果、不要なものが過剰にできたり、必要なものが不足して、生体の正常な機能が果たせなくなり ます。

エストロゲン(女性ホルモンの一種)と類似した作用を示す化学物質(ホルモン類似物質)が、エストロゲンレセプターと結合してタンパク合成を引き起こ したり、他のホルモンバランスを乱したりすることです。

男性ホルモンのレセプターに結合して、男性ホルモンの働きを阻害するもの(ホルモン遮断物質)もあります。

環境ホルモンは、極めて低い濃度で影響が表れます。コルボーン(Colborn)らの著書「Our Stolen Future」では、『タンク車660台分のトニックに、ジンを1滴たらした量』と表現していま す。また、生物濃縮により食物連鎖の上位のものほどその影響が顕著となると考えられています。

もともとホルモンは、必要な時期に(早過ぎず遅すぎず)必要な濃度で(多過ぎず少な過ぎず)存在して、はじめて正常な働きをするようにできています。これは、生物が極めて微量な化合物を繊細にコントロールしてその機能を維持するシステムをもっていることを物語っています。環境ホルモンの問題は、その生命システムを根幹から揺さぶる重大なものです。



環境ホルモンの影響 / 女性ホルモンと男性ホルモンの違い
女性ホルモン(エストロジェン)は環境ホルモンを取り入れ蛋白合成をします。
男性ホルモン(アンドロジェン)は環境ホルモンにより阻害され蛋白合成ができません。

結果として、
生殖器の異常、精子の減少、卵巣がんや乳がんなどの生殖器のがん、性行動の異常などがあります。内面の性意識障害も例外ではないと思います。



環境ホルモンの源として社会で多用されるプラスチック製品があります。
哺乳瓶、マグカップ、カップラーメンのカップ、水筒、電子レンジ用食品のコンテナ、その他、


また歯科で使用されるレジンやその他の化学物質があります。





環境ホルモンについて
環境ホルモン、別名 内分泌撹乱化学物質は環境中に存在して 体に生体ホルモンの様な作用を与える化学物質のことです。 環境ホルモンは細胞の核に入り込みレセプターと結合します。 体の中に入り込んでレセプターと結合し、 偽の鍵(たんぱく質構造)でだまして鍵を開かせてしまい、 あたかも本物のような働きをします。 例えば、母親の体内で男の遺伝子を持った胎児がいたとして、 その過程で偽の女性ホルモンによって女性ホルモンの作用を受け、 本来の男性ホルモンの分泌が正常に働かなくなり男子の生殖器も正常に作れなくなってしまい、 更には脳の構造も男子特有の構造にならなくなってしまいます。




男性の不妊化と女性化が社会的に計画され密かに実施されています。
生殖に影響を及ぼす化学物質が水道水その他に添加されています。
食肉はホルモン剤により既に味付け済みです。
植物も農薬、遺伝子組み換えその他で味付けされています。
おまけに社会はポルノで溢れています。

わたしたちは外観では識別不能の深刻な変化の犠牲者です。
フッ素、人工甘味料、プラスチック、その他の化学物質の有害な影響を暴露している化学者たち大勢います。

その現実を単に陰謀論で片付けようとする人たちの能天気さにはついていけないですね。
テクノロジーが十分発展を遂げていながら、奇病が蔓延する社会をどう説明するつもりですかね。
そのテクノロジーを用いて悪巧みをしている連中がいることに気づかない者たちよ。

エホバの証人は宗教的にマイコンされていますが、
全ての人は社会的にマイコンされています。

マイコンを解く方法は自分の頭で真実を判断する以外にありません。
この点で聖書に頼る人たちは幸いです。

真理が失望にいたることはあり得ません。
その気があれば、ネットを駆使して調査してください。

ソーシャルエンジニアリング (social engineering)
優生学 (eugenics)
男性女性化計画 (feminization, effemination)
などで検索をかけてください。
英語を用いると効果的と思います。



男性の不妊化と女性化
優生学者ジョン・ポール・ホルドレン(1944年3/1生れ)はバラク・オバマ大統領のサイエンス・テクノロジーアドバイザー。ホワイトハウス・サイエンス・テクノロジー方針部門の所長、大統領サイエンス・テクノロジー・アドバイザー評議会の共同議長。
John Paul Holdren (born March 1, 1944) is advisor to President Barack Obama for Science and Technology, Director of the White House Office of Science and Technology Policy, and Co-Chair of the President’s Council of Advisors on Science and Technology (PCAST)

飲料水や主食にある不妊化剤を添加すること は、不同意の出生制御(強制不妊)に対するほとんどの提案・計画よりも、人々をゾッとさせると思われる一つの提案である。. . . 受け入れ可能なためには、 そのような物質は、幾つかのかなり厳しい要件を満たす必要があるだろう。. . . それは危険で不愉快な副作用から自由でなければならない、そしてそれは反対の性、子供、老人、ペットあるいは家畜に影響がないものである必要がある。



消された科学者たちについて
人間の科学の進歩は望ましいとはいえ、自然のシステム全体についての無知のために、これまでずっと予想もしない有害な副産物(byproducts)を生み出してきました。

それだけではなく、危険を知っていながら利益のために人々の健康を犠牲にする者たちもいます。科学者を含む全ての人は、潔白な良心を保つように努力すべきだと思います。

ネットで暴露されていますが、イルミナーティ貴族の人口削減計画のために意図的に環境ホルモンが仕組まれていると思います。

エイズ、エボラウィルス、サーズ、狂牛病、口蹄疫、新型インフルエンザ、その他のウィルスは軍事兵器として実験室で開発されました。

その開発には多くの善意の科学者たちが関わっています。彼らはプロジェクト全体を把握しているわけではなく自分の研究が何に用いられるかおそらく知らないでしょう。しかし、時々事態の真相を見破った科学者たちが秘密を暴露することがあります。そのような誠実なインサイダーたちは研究所を解雇されるか、ひどい場合は消されています。

また、人類を益する研究が利害関係者により潰されるケースもあります。
STAP細胞の発見者の小保方さんの例もそのようなケースです。
日本の優れたOSのトロンもMSに潰されましたよね。
世の中は、こんなのばかりですよ。

ネットでは、殺害された細菌学者たちの情報が公開されていますので、関心のある方は自分で調査してください。

日本語でも色々情報が取れると思います。
例えばココとか、



サタンの世は、金、嘘、殺人で動いています。

ヨハネ 8:44
44 . . . その者(サタン)は,その始まりにおいて人殺しであり,真理の内に堅く立ちませんでした。真実さが彼の内にないからです。彼が偽りを語るときには,自分の性向のままに語ります。彼は偽り者であって,[偽り]の父だからです。

マタイ 6:24
24 「だれも二人の主人に奴隷として仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛するか,一方に堅く付いて他方を侮るかのどちらかだからです。あなた方は神ととに奴隷として仕えることはできません。

No comments:

Post a Comment