Monday, June 22, 2015

ノアの洪水の化石の証拠

化石の証拠
急激な埋葬
http://www.creationscience.com/onlinebook/LifeSciences25.html

世 界中の化石の記録は急激な埋葬を物語っています。クラゲの化石化のような多くの化石は、やわらかい肉の部分が腐ってしまう前に埋葬されたことを示していま す。(普通は死んだ動物や植物は速やかに分解します)他の動物の化石化した遺体が埋葬された多数の墓場や、ひねられ、ねじ曲げられた状態であることは広範 な地域における猛烈で急激な埋葬を示唆しています。それらの観察に加えて、加圧された化石の発生や堆積岩の2つ、またはそれ以上の層を横切って存在する化 石は、それらの化石を含む堆積層が、何億年もかけてではなく急に堆積した事の強力な証拠です。さらに、今日の岩を造るほとんど全ての堆積物は水によってよ り分けられます。それで、世界中の化石の記録は世界規模の大洪水による動物や植物の生命の急激な死と埋葬の証拠です。 [See "A Whale of a Tale" on page 133.]
lifesciences-fossil_fish_eating_fish.jpg
Figure 7: 魚を飲み込む魚の化石。ある魚が他の魚を呑み込む行為を保存するには埋葬と化石化は極めて急激であったに違いありません。何千ものそのような化石が発見されています。

lifesciences-fish_in_fossil_fish.jpg
Figure 8: 長い魚の中の魚。約14フィート (4.3m) の魚の胃のなかにひとつの魚がいます。多分大きな魚の朝食でしょう。消化は急速なので、その化石化はそれよりさらに急速でしょう。

lifesciences-fish_in_curved_fish.jpg
Figure 9: 曲がった魚。背中の曲がりはこの魚が圧力の下で死んだことを示しています。

lifesciences-fossilized_dragonfly_wing.jpg
Figure 10: トンボの羽。この繊細な1.5フィート (46cm) の羽は急激に埋葬され、また均一にその細部が保存されたに違いありません。トンボの全体の大きさを想像してみてください。

Ichthy_birth.jpg
出産(誕生)のときの化石化














魚を飲み込む魚



クラゲの化石





fig1.jpg
アンデス山上の標高3,000mの500を超える化石化した巨大牡蠣
(photo from AP/Wide World Photos)



何層も地層を貫く木の化石 Polystrate Fossil
Poly (man) strate (strata) : 複数の地層
直立、逆さまの木の化石が世界各地で発見されています。石炭田は世界各地に存在しています。
これらは植物(大木)が生きている状態でそのまま化石化していますので、何億年の地層の形成という考えと調和しません。これらの化石の証拠は世界的な大洪水による大規模で急激な化石化を物語っています。

Image
polystrate-fossil-joggins-full.jpg










凍結マンモスについて

か つて地球は極地方も含めて温暖であった証拠はふんだんにあり、極地方の石炭層は現在雪と氷の世界がかっては豊かな森で覆われていたことを物語っています。 熟した実と緑の葉をその枝にいまだにつけた 90フィート (27.4m) の倒れた果樹が、現在僅か1インチ (2.5cm) の柳が育つ新しいシベリアの島の凍土の中から発見されています。ヤシの木の化石がアラスカで発見されています。食べた日と同じほど新鮮な草、つりがね水仙 (bluebells)、キンポウゲ (butter-cups)、アメリカホドイモ (wild beans) が冷凍マンモスの口と胃の中から見つかっています。
最も有名で見に行け、研究されたマンモスは1900年にシベリアのベラザカ川 (Berezovka River) の100フィート (30m) 上の新たに侵食された土手で発見された50才のオスです。展示の1年後オットー・F・ハーツ博士を団長とするチームは労を惜しまずその凍結した体を掘り出 し、そしてロシアのセント・ピーターズバーグ (St. Petersburg) の動物学博物館に運びました。

2b826a09a6ac20c2e1cfaa099366b98ca92e7943_r.jpg

凍 土から突き出していた頭部のほとんどは地元の狼や他の動物により骨のところまで食べられていました。しかし残りのほとんどは完全な状態でした。最も重要な 点は、唇、口の内面と舌が保存されていたことです。最後に、もちろん歯と歯の間にその最後の食事が残っていて、何らかの理解できない理由でそれを呑み込む 暇はありませんでした。その食事は繊細なスゲ (sedges) と芝草であると証明されています。
他の記事は、「マンモスの口は収穫された草で満たされていましたが、噛まれても呑み込まれていなかった」と述べています。 (A. S. W., Nature, Vol. 68, July 30, 1903, p. 297)
草は急激に凍結したため動物の臼歯の跡が付いてた。(Lister & Bahn, Mammoths: Giants of the Ice Age, p. 74)
ハップグッドのロシア語の翻訳は「8つの良く保存された豆のサヤと5つの豆が口中で見つかった」と伝えています。 (Charles H. Hapgood, The Path of the Pole, 1970, p. 267)
24 ポンド (10.89kg) の未消化の野菜がベラザカ (Berezovka) のマンモスから取られロシア人の科学者 スカッケブ (V.N. Sukachev) により調査されました。彼は、ハーブ、草、こけ、低木、そして木の葉など40種以上の植物を識別しています。多くは極北ではもはや成長しないもので、他は シベリやメキシコの両方で育ちます。ディロー (Dillow) はそれらの遺物から幾らかの結論を出しています。
一般的にほどんど南部で 育つそれ程多くの種類の植物の存在は、その地域の気候が今日より温暖であったことを示している。スゲの完熟実、芝草、またその他の植物が見つかったこと は、マンモスは7月の後半から8月の始めにかけて死んだことを示唆している。(Joseph C. Dillow, The Waters Above: Earth's Pre-Flood Canopy, 1981, pp. 371-377)

500万頭のマンモスが北極地方の土地に埋葬されていると推測されています。
シ ベリアの土地はマンモスの骨であふれています。それで象牙採掘が何年も行われています。ひとつの採掘所だけで少なくとも20,000本の牙を採掘していま す。マンモスの他にも北極の土地は、多毛のサイ、ラクダ、馬、トラ、そしてアンティロープを含め60種類以上の動物の遺体を含んでいます。それらのほとん どは凍結した沈泥の中で岩石や木の根と混ざって存在しています。
もし我々が保存された肉だけではなくマンモスの骨と象牙を探すなら、特にシ ベリアとアラスカで発見の数は莫大になります。ロシア学術マンモス研究科学委員会の委員長ニコライ・ベラシチジン (Nikolai Vereshchagin) は、50万トンを上回るマンモスの象牙が600マイル (965.6km) に伸びた北極地方の沿岸に埋葬されていると見積もっています。(John Massey Stewart, "Frozen mammoths from Siberia Bring Ice Ages to Vivid Life," Smithsonian, 1977, p. 68) 一般に象牙は100ポンド (45.36kg) ありますので、これは500万頭を上回る数のマンモスがその小さな地域で生きていたことを示しています。この見積もりが高く、また数千年の遺体の蓄積であ るとしても、大きなマンモスの群れが北極地方の沿岸に沿って繁栄していたことが分かります。さらにマンモスは他のところでも存在しました。マンモスの骨や象牙は ヨーロッパ中、北および中央アジア、北アメリカ、南はメキシコシティに及ぶまで発見されています。この北極地方の沿岸地域は、肥沃なノヴォシビルスク諸島 (New Siberian Islands) が沖合いにあるので、マンモスの遺体の密集度がもっとも高いといえます。ベラシチジン (Vereshchagin) の西側の地域を含むラプチェフ海 (Laptev Sea) 沿岸地帯は、世界でマンモスの最も大きな墓場のひとつとみなされています。
ノヴォシビルスク諸島 (New Siberian Islands)

マ ンモスの骨、象牙、また歯の密集が辺ぴな北極地方の島々でも見つかっています。今日の海による障壁はいつもそこにあったのではないことは明らかです。多く の人がそれらのマンモスの遺体を島々の主な物質であると述べています。それらの報告が大げさとしても、何がそれらの北極圏の中の不毛の島々にある密集し保 存された骨や象牙の説明となるでしょうか。200を上回るマンモスの歯が牡蠣 (oysters) と一緒に北海のドッガーバンク (Dogger Bank) の海から引き上げられています。
ドッガーバンク (Dogger Bank)


石 油採掘者たちはアラスカのマック (muck 極地方の黒い腐葉土) を試掘し18インチ (46cm) のかなり大きな木の幹を地下約1000フィート (304.8m) から引き上げました。それは化石化しておらず単に凍っていました。(Anonymous, "Much About Muck," Pursuit, Vol. 2, pp. 68-69) 近くの森は数百マイルも離れていました。ウィリアムズ (Williams) はアラスカで同じような発見を「いたるところです」と述べています。
アラスカのプラドー湾 (Prudhoe Bay) の地表から1,900フィート (580m)下は土が凍っていますが、その付近のいたるところを石油会社は掘削し古代の熱帯森林を発見しています。それは、凍結状態で化石化していませ ん。それは地下1,100フィートから 1,700フィート (335m-518m) の間にあります。そこにはヤシの木、松ノ木、熱帯群葉が極めておびただしくあります。事実それらは互いに重なってあたかもその場で倒れたかのように見えま した。(Lindsey Williams, The Energy Non-Crisis, 2nd. Edition, 1980, p. 54)
プラドー湾 (Prudhoe Bay)





シベリアの北海岸のコリマ川 (Kolyma river) 河口の流木。
今日このサイズの木はコリマ沿いで生育しません。葉や、果実(プラム)でさえその流木の中に見つかっています。川によって遠くから運ばれてこない限り、誰もそこでそれらの葉や果実を見ることなど思いもよらないことです。またなぜそれらの木は腐っていないのでしょうか。
コリマ川 (Kolyma River)


銘 柄の象牙の取引の設立は広範に及ぶ凍結と急激な埋葬を示しています。象牙、牙は凍結されて外気から保護されない限り、乾燥し動物質と弾性力をを失い崩れ、 ひび割れ彫刻に適さなくなります。象牙の取引は少なくとも1611以来広範な地理的地域で栄えてきました。そこから96,000ものマンモスの牙が輸出さ れてきました。ですから、凍結と埋葬の規模は多くの人々が想像する以上に広範囲です。








1846 年5月に測量士ベンケンドルフ (Benkendorf) とその仲間はシベリアのインディギルカ川 (Indigirka River) のほとりでキャンプしていました。春の雪解けと異常な豪雨により水嵩(かさ)が増した川は浸食して新たな水路を創っていました。ベンケンドルフは大きな物 体が水の中にゆっくりと上下に動いているのに気付きました。黒くて恐ろしい巨大な塊は水の中から突き出し、巨大な牙とあたかもそこで何か無くした物を探す かのように不気味にうごめく長い鼻のある素晴らしい像の頭を見ました。彼らはそのマンモスをロープと鎖で岸に引寄せようとしました。しかしすぐにその後部 の脚が固定されていることが分かりました。それは立ったまま川底で凍っていました。
24時間後、川は解凍し川底を浸食しマンモスを開放しま した。50人の男たちと彼らの馬によりそのマンモスを12フィート (3.7m) 陸地に引き上げました。高さ13フィート (3.96m)、長さ15フィート (4.57m) のその獣は良く肥えており、完全に保存されていました。その大きく見開いた目は、その生き物がまるで生きているように見え、あたかもすぐに動き出し、うな り声を上げて彼らに襲い掛かるかのようでした。(William T. Hornaday, Tales from Nature's Wonderlands, 1926. Translated from the Russian report) 彼らは牙を取りはずし、若いモミと松の芽、また沢山のモミの実が入っているいっぱいの胃袋を開け、また咀嚼の状態 . . . (ibid.) 数時間後、川がゆっくりと土手を削り取っていたため突然に川土手が崩れました。そのマンモスは北極海の方へ運ばれて行き再び見ることはありませんでした。

マンモスは広範囲の地理的地域に広がっています。
これらの奇妙な出来事が広範な地理的な広さで起きたことに気付くべきです。それらは多分無関係な別々の出来事では無いでしょう。ヘンリー・ハワース卿 (Sir Henry Howorth) が述べているとおりです。
厚 皮動物のやわらかい部分の保存の実例は単なる地域的、散発的なものでは無く、ウラル (Urals) からベーリング海峡 (Bering Strait) のチュクチ (Chukchis) に至るシベリアの全長(端からは端まで)に沿う一連の例を形成している。それでここで我々は広くいきわたる状況や大陸全体の気象条件を扱わねばならない。
同 じような完全な仕方で、連続的にそれ程広範囲に保存されているものを発見する時、またその全ての形跡が比較的に穏やかなものから極寒へ突然の気候変動を証 拠付ける時、我々はそれらの全てが共通の出来事を証明していると結論せざる得ません。我々は、個々のケースまた個々の地域の別々の気候大変動を仮定するこ とはできません。しかし我々は現在永久に凍結しているアジアの地帯は、同じ原因で同時に凍結したとの結論に達せざる得ません。(Henry H. Howorth, The Mammoth and the Flood, 1887, p. 96)

































事 実、アジア、ヨーロッパの北部また北アメリカは馬、野牛、鹿、や他の大きな四足獣と一緒に象(マンモス)やサイの絶滅した種を含んでいます。(A. G. Maddren, "Smithsonian Exploration in Alaska in Search of Mammoth and Other Fossil Remains," Smithsonian Miscellaneous Collections, Vol. 49, 1905, p. 87) それでその出来事(気候激変大災害)はハワースが考えるよりも広範囲に及んでいたと思われます。






地下氷内の凍結した魚

あ いにく科学者を当惑させる死んだ哺乳類だけでなく魚の発見も幾つかあります。1942年コリマ盆地 (Kolyma Basin) のリグリクハタカ川渓谷 (Liglikhtakha River valley) の道路工事で、ある発破が、ある大きな魚の凍結標本を含む透明な氷の地下の通路を開きました。明らかにその爆破は古代の魚類学動物相(魚)とともに太古の 川の経路を公開しました。工事の監督は「魚は驚くほど新鮮で、爆破で投げ出された塊の肉はその場にいた者たちが食た」と報告しています。(Y. N. Popov, “New Finds of Pleistocene Animals in Northern USSR,” Nature, No. 3, 1948, p. 76)




1846年にチベットで発見された凍結野牛
二 番目の報告は1846年にチベットの宣教者 M. ユック (M. Huc) からのものです。チャールズ・ライエル卿 (Sir Charles Lyell) はしばしば地質学の父と呼ばれいます。またこの同じ話を「地質学の原則」 (Principles of Geology) の11版でも引用しています。ユックの一行の多くの者が凍死した後、生存者たちはモロウイ・オウソウ (Mouroui-Oussou それより下ると有名なブルーリバーとなります。) の土手にテントを張りました。
ユックはこう報告しています。
モロウイ・オ ウソウを渡る時、ひとつの光景が現れました。まだ野営している間、我々は少し距離をおいて、ある黒い形のはっきりしない物体が幅のある列でその大河を横 切っているのを観察しました。我々が近づくにつれその形態と距離のどちらも変わらないのは明らかでした。十分に近づいて初めてそれが野生の野牛の群れであ ることが分かりました。50頭を超える野牛が氷の中に固まっていました。



間 違いなく、彼らは凍結の瞬間泳ぎ渡ろうとしていたに違いありませんが、自らを解放すことができませんでした。巨大な角のある美しい頭はまだ氷面の上にあ り、体は無分別な獣の位置が簡単に識別できるほど透明な氷の中に固まっていました。彼らはまるでまだ泳いでいるかのよに見えました。しかし鷲やカラスが彼 らの目をつつき出していました。(M. Huc, Recollections of a Journey through Tartary, Thibet [Tibet], and China, During the Years 1844, 1845, and 1846. Vol. 2 (New York: D. Appleton & Co., 1852), pp. 130-131)



sk の感想
これほど大きな川が50頭以上の野牛の群れや魚を含め凍結する気候の激変は氷河期によって説明することには無理があります。さらに広大な極地方の急激な凍結の証拠は世界的な洪水以外に妥当な説明はありません。

人間とマンモスは共存していました。
人類は毛深いマンモスや大洪水前の他の居住者たちと共存していました。
ジョージ・E・ランクフォード (George E. Lankford) はこう書いています。
数 千年前北アメリカでマンモスと人類は一緒に生きていました。ある人はマンモスの姿をデルウェアー川の渓谷の貝の上に彫っています。ある考古学者は、例えば 口伝のマンモスの保有に関するアメリカ原住民の伝説の調査に駆り立てられています。("Pleistocene Animals in Folk Memory," Journal of American Folklore, Vol. 93, Issue 369. 1980, page 293)
1998年化石収集家ネビル・ホリングワース (Neville Hollingworth) はマンモスの骨と火打石斧を英国のウィルトシャーのラトオンの墓穴の中で発見しました。 (Latton, Wiltshire, England) 幾らかの骨は、多分マンモスの骨のそばで発見された火打石斧によってなされた切跡の証拠を示していました。次の年の間、チェルトナム (Cheltenham) とグロスター (Gloucester) 大学の氷砂利専門家ダリル・マディ (Daryl Maddy) とサイモン・ルイス (Simon Lewis) は、その時代にマンモスと人間が共存していたことを再び示すもっと多くの骨とさらに幾つかの手斧を発掘しました。
マンモスと初期の人類は一緒に存在していました。考古学上の証拠は毛深いマンモスは屠殺され、人はその肉を食べ、住まいの骨組みのため、またその耐久性と堅牢さのために道具とするためその象牙を切り落としました。
Combarelles-mammouth.jpg
毛深いマンモスの洞窟芸術 フランスのドルドーニュ県 (Dordogne, France)

それが宗教的なものか趣味なのかは不明の初期人類が作った動物と人間の多くの像があります。それから前の地球の地下の泉と天蓋が破れ莫大な数の洪水前の生き物が死にました。洪水前の水蒸気の天蓋が除かれ、地球の気候はもはや前と同じではなくなりました。


凍結マンモス
(frozen mammoth)

シベリアの永久凍土で凍りついたマンモス 2011/1/24
7c816594a200ebf00677adad7701c29c1c19a944_r.jpg

科学者たちは遺伝物質を取り出し像の卵子に移しマンモスの再生を期待しています。
http://www.haveeru.com.mv/english/details/33895


No comments:

Post a Comment