Sunday, June 28, 2015

金の流れを追いなさい

世界の現実を直視しましょう。


誰が世界を動かしているか自分で判断してください。
ニュースも政治も宗教も教育も医療も技術もすべてお金の下にあります。
その逆ではありません。

1%の富裕層、世界の富の半分を保有へ

CNN.co.jp 2015/1月20日(火)11時56分配信
(CNN) 世界の人口の1%の富裕層がもつ資産の総額は来年までに、残る99%の人口の資産を合わせた額と同程度になるという推計を、国際支援団体のオックスファム が19日に発表した。また、世界の富裕層上位80人の資産総額は、貧困層35億人の資産総額に匹敵するという。
今回の推計によると、1%の富裕層が握る資産が世界の富に占める割合は、2009年の44%から、14年は48%に増加した。このままのペースが続けば来年までには50%を超す見通し。(sk これは、成り行きでそうなったのではありません。富を独占している者たちの操作によりそうなりました。)

残る52%の富についても、人口の1/5の比較的豊かな層が46%を握っていて、その他の層が握る割合は世界全体の資産のわずか5.5%にとどまる。

昨年の大人1人当たりの資産額は平均で3851ドル(約45万円)。これに対して富裕層の資産額は平均270万ドル(約3億円)だった。

ス イス・ダボスで始まる世界経済フォーラムの年次総会で共同議長を務めるオックスファム幹部のウィニー・ビヤニマ氏は、各国の首脳に対して広がる格差問題へ の対応を呼びかける方針。「富裕層とそれ以外の層との格差は急速に拡大しつつある」「より公正で、より豊かな世界の妨げとなっている既得権者に立ち向かう べき時だ」と指摘している。(sk イルミナーティに雇われている人々は単に善意の第三者です。彼らは上層部の意図や操作の実態を知りません。)


世界の動きを見るときにいわゆる「陰謀論」と言われている見方ではなく、お金の動きと、銀行、企業、国際機関の所有者が誰であるかを正確に捕らえるならば、時間的にも空間的にもスケールの大きな規模で誰によって何が計画されて実施されて来たかが分かると思います。

本当に世界を動かしている者たちは自らを隠すために教育や報道を利用します。ですから学校教育で習った歴史は戦争の原因についてほとんど嘘を教えています。

インターネットは事実を知っている者たちに事実を発信する機会を与え、多くの隠されてきた動機が明らかになり、誰が何の目的で世界恐慌や戦争を作り出して きたかが分かるようになりました。

事実が普及することは当事者にとって都合が悪いことであり、その情報の信憑性や信頼性を落し、民衆がそれら の情報をまじめに捉えないようにするための工作がなされています。メディアは「陰謀論」というレッテルを貼って真実の情報の拡散を封じ込めようとしていま すし、嘘と真実のごちゃ混ぜ情報による心理操作もなされています。

インターネットにより情報戦争が拡大しています。
スパイは真実の情報だけを提供しません。嘘と真実を見分ける必要があります。

また巨大な嘘は人をだます力を持っています。
「そんなことなど信じられない」「まさか政府が、国連がそんなことをするはずが無い」と人々は考えます。

それで、「陰謀論」という人を茶化す視点で世界を見るのではなく、真実の追究という観点でジャーナリストの記事やインサイダーの内部告発をを吟味すると良いと思います。

サタンの世は、偽りと殺人で動いています。

ヨハネ 8:44
44 あなた方は,あなた方の父,悪魔からの者であって,自分たちの父の欲望を遂げようと願っているのです。その者は,その始まりにおいて人殺しであり,真理の内に堅く立ちませんでした。真実さが彼の内にないからです。彼が偽りを語るときには,自分の性向のままに語ります。彼は偽り者であって,[偽り]の父だからです。




お金の流れとそれをコントロールしている人を調べれば、全てがつながっていることに直ぐに気づくでしょう。

世界は、お金で動きます。
お金で国を買収できます。
お金で軍隊を買収できます。
お金で司法制度を買収できます。
お金で学校教育を買収できます。
お金で病院を買収できます。
お金でメディアを買収できます。
お金で企業を買収できます。
お金で何でも買収できます。
お金を大量に動かせる人たちは、
株価、為替を操作できます。
景気と不景気を操作できます。
国内、世界経済を操作できます。
メディア、教育を操作できます。


アメリカの7割は軍需産業に関わっています。
その資金を提供した者がいます。
戦争が続く限り、その産業に需要が提供されます。
アメリカだけでは生まれない需要と供給をコントロールするものがいます。
これまで、彼らは政治・民族・宗教・国家間の問題を捏造して需要を作り出してきました。
これからも、自らの益のために同じことを繰り返すでしょう。

つまり、戦争は本当は政治・民族・宗教・国家間の問題ではないのです。
各国の国民は戦争など望んでいません。

憎しみを捏造し、それを煽ることと、政治家を買収することにお金を用いる者たちがいます。

国際的に思想、物資、資源、資金の需要と供給を牛耳っている者たちがいるということです。
第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン戦争、イラク戦争、その他の紛争は国家ぐるみの茶番劇で、企画実行した者たちがおり、それによって儲けたもたちがいます。

彼らは、政府を動かしていとも簡単に自分たちの経済システムに従わない国を経済封鎖できます。
銀行の封鎖、資金送金の差し止め、物資の封鎖をこれまで何度も行ってきました。

これからも、自ら作った国連のような国際組織を利用して、あたかも皆の合意の上での決定を装いながら、自らの企画を実現させてゆくでしょう。

西欧社会の金融システムを造り運用している者は一握りの大富豪たちです。
彼らが所有する世界の中央銀行システムを廃止できるものはいません。

世界は、一握りの大富豪(各国の中央銀行の所有者たち)によりお金で支配されています。
彼らの意図に迎合しない多くの人々が毎年命を落としています。

イラクのフセイン大統領、リビアのカダフィ大佐、ベネズエラのチャベツ大統領、その他多くの西側の金融システムに従わない支配者たちが殺害されています。

世界はそれほど単純です。

これから生じること
啓示 13:16-17
16  またそれは,すべての人,すなわち,小なる者と大なる者,富んだ者と貧しい者,自由な者と奴隷を強制して,その右手や額に印を受けさせ, 17  また,その印,つまり野獣の名もしくはその名の数字を持つ者以外にはだれも売り買いできないようにする。

全世界でこうなると、神のことばが述べているように、世界はそれほど単純です。
複雑にみえるのは、メディアと教育により騙されているからに過ぎません。

目ざめよ!


金融の姿


No comments:

Post a Comment