Monday, May 2, 2016

Energy 寛大な神の尽きない恵み

イルミナーティの社会は、個人を開放する技術は教えません。
たとえば、永久機関やフリーエナジーは存在しないことになっています。

フリーメイソンの学校制度は、エリート教育システムで社会の成員を差別化し、エネルギーや技術のモノポリーによる支配のためのものです。

エネルギーモノポリー制度を崩壊させる技術は、大学、企業、研究所などの社会をリードする機関(institution)からは決して提供されません。

それらの体制側の大組織が行っていることは、人々を騙して無知の状態に留めることと、インチキを教えて真実に到達させないようにすることなどです。

それでも、考え深い人々は真実を見つけて、真実の益を他の人たちに伝えています。
それは、単にお金や名誉のためではなく真実の力によります。
普通人は真実や良いことを秘密にすることができません。
その必要がないからです。

秘密は、悪だくみや暴利のためのものです。
国家や企業の機密は人々をだまして搾取するためにあります。

国民を戦争に導くための国家機密
市場独占のための企業機密
国家や企業間の国際的な機密
など、大組織には悪だくみがつきものです。

ものみの塔協会も「内密事項」とか言ってスキャンダルや寄付の投資先などを隠していますよ。




国や企業、宗教組織、その他の巨大機関の悪だくみを暴くジャーナリストたちの存在は、サタンの世の構成要素のすべてが、表向きの好印象とは裏腹に嘘と不当な搾取により機能していることを物語っています。




企業戦略

実は、電球や蛍光灯に寿命はありませんし、電気は空間から得られます。
切れた蛍光灯を光らせることができます。
企業は製品販売を継続するために製品の寿命を決め、ある一定期間経つと破けたり切れたりして取換えが必要になるように製品を設計します。

商売の継続のためには、製品の寿命が必要なのです。
また消費者を自社製品の依存症にしていつまでも販売ができるようにする必要もあります。いつまでも壊れない製品は人々の独立をまねき企業は支配の力を失います。

欺きのモノポリー世界




永久機関 (perpetual motion)

永久機関 Perpetual motion machines Part1


Perpetual Motion Machine


How to create a fan which runs without electric current or battery


how to make a free energy device, cheap and easy
 これは、インチキみたいです。






空間はエネルギーで満ちています。
そこから電気を取り出すことができます。


 Free Energy air antenna 348 volts !





キャパシター(コンデンサー)を用いますので、感電の危険があります。
キャパシターの扱いを学んでから実験してください。
キャパシターの電極をショートさせると大電流が流れて命取りになります
電気を扱う場合、間違うと感電の危険を伴いますので専門家と一緒に行うか、ちゃんと学んでから行ってください。









アンテナを高くし、金属板の面積を大きすると高電圧を取り出せます。
周波数を発生させる発信機(Oscillator)はエアーギャップ(スパークギャップ)を用います。



 まず、電磁気学の基礎を学んでから実験してください。





ジェラード・モリン(Gerard Morin)の発見

ジェラード・モリン(Gerard Morin)は電気技術者で何年もの間テスラの技術の研究をしてきた方です。最近彼はテスラの技術のカギを見出しました。


二コラ・テスラの技術のカギ

電気は有線で供給されるよりも、無線で供給される方が安全でいろいろな面で優れています。
RF (Radio Frequency)により、大電力が安全で簡単に伝送されます。

テスラはRFエネルギーのことを「輝くエネルギー」(Radiant Energy)と表現しています。それは、「電気エネルギー」(electrical energy)と性質が異なります。

RFエネルギーはコイルの誘導作用により作られます。
永久磁石を回転させて、コイルを通してRFエネルギーを取り出します。
この装置は、洗濯機や食器洗い機に使われている排水ポンプのモータで代用できます。




ジェラード・モリンの実験システム



実験用パーツ




DC 24Vモーターで、洗濯機の排水ポンプのマグネットローターを回すとコイルに電気が誘導されます。その電気はRFエネルギーで、電力会社から有線で送られてくる通常の電気と性質が異なります。

洗濯機の排水ポンプが誘導するRFエネルギーは1000ワットの高圧電球や切れた蛍光灯、その他のエネルギー源となります。

洗濯機の排水ポンプのコイルの端子からRFエネルギーを取り出せます。
これまでの常識ではありえないことですが、出力端子の解放時は130Vくらいの電圧は、出力端子を短絡すると電圧は0となり大電流は流れませんので指で触れても感電しません。

排水ポンプから作られるエネルギーは、電流アンペアではなく、電磁エネルギー (electro magnetic watt, radiant watt) だからです。 (この意味が分からない人はモリンのビデオと解説をよく見て、何を言っているかを正確に理解してから端子に触れてください。)

永久磁石回転子とコイルによって生み出される電磁エネルギーは電圧の違いに自然に対応し十分のエネルギーを供給でき、またトランスを用いて容易に昇圧できます。ビデオでは3000Vまで昇圧し、切れた蛍光灯を点灯させています。



 Free and Natural Energy - The Mystery Solved





高電圧を得るための電圧と周波数の調整は、トランス、磁石の回転を制御するスピードコントローラとテスラが発明した「エアーギャップ」(スパークギャップ)を用います。トランスやスピードコントローラーで電圧を調整し、スパークギャップの間隔で周波数を調整します。

スピードを上げると昇圧し、ギャップが狭いほど周波数は高くなります。

スパークギャップには何千、何万ボルトの電圧が生じていますので触れないようにしてください。高電圧でも電流が流れなければ死にませんが、ショックを受けると思います。仮に致死量の電流が流れると死にます。電圧が低くても流れる電流が多いと死にます。



ここで興味深い点は、スパークギャップ間で生じる閃光の温度はマイナスとなります。不思議ですね。しかし、それから電球その他に供給されるエネルギは熱を発します。


アメリカのエドウィン・グレイ氏が開発したエマモータは空間の電磁エネルギーで回転するモータなので回転し始めると温度が下がってゆきます。

また月の放つ光は吸熱作用を持っていますので電磁エネルギーの性質を帯びている思います。

空間に満ちる電磁エネルギーを活用するモーターの開発に成功している人々の中には、これらの技術が宇宙人から教えられたものであると信じています。なぜなら、かの悪名高いNASAがUFOや宇宙人のインチキを広めているからです。


電磁力で飛行する半重力飛行物体は、二コラ・テスラの開発した技術によります。
UFOの飛行の原理は彼により発明されました。インチキ宇宙人ではありません。

東北大学の早坂秀雄竹内栄の両教授による実験結果は、ジャイロを右回りに回転すると重さが軽くなります。ジャイロの回転スピードと大きさが大きくなれば半重力場は強くなります。


ロシアのスミルノフ学派の佐野千遥博士は、単極磁石が不思議な現象のカギを握っていると言っています。


 Easy to make free energy, 
perpetual motion machine using monopole magnet. 



単極磁石を作る方法
How to make a MONOPOLE MAGNET




佐野千遥博士「人類を幸せにする矛盾なき科学文明を!」WF未来塾4/4




電気やRFエネルギーの実験をする際は、安全を第一にしてください。
死んでしまっては、すべてが終わりです。


電子が電磁エネルギーとして作用すると無害ですが、電流として50mAくらい体を流れると死にます。
電圧が2000ボルトともなる体にたまる静電気によるショックは、たまった電荷量が少ないため極めて微小な電流が一瞬しか流れません。ですから痛みが走りますが致死的ではありません。

しかし、十分の電荷が電流として流れると50mAくらいで死にます。

人体の手-足間の抵抗は500Ωとされています。
仮に100Vの電源に触れると100/500 = 0.2A の電流が流れ死にますが、たいてい地面に裸足で触れていないので靴やその他の障害物の抵抗が加わり合計が10,000Ωくらいになっているとすると、100/10,000 = 10mA の電流が流れます。そのレベルは致死的ではありません。どのように感じるかと言いますと「ズン・ズン」と振動を感じます。

しかし、水でぬれたりすると抵抗が著しく低下し極めて危険となります。
低圧活線電気工事をしているとき、汗やその他で濡れた状態で感電し命を落とすことが報告されています。

このように有線システムの電子の流れは危険をともないますので絶縁の管理が極めて重要になって来ます。
このシステムは危険で、しかも効率的ではありません。
しかし、この幼稚で危険なシステムは、銅山の所有者たちのモノポリーのためのものです。
各家庭に銅やアルミの電線で電気を供給するシステムはイルミナーティのエネルギー支配の象徴です。
全世帯を電線で結び、すべての人へ漏れなく電気の使用量を要求する奴隷システムです。



20世紀初頭、ニコラ・テスラは、空間がエネルギーに満ちていること、その自然な状態の電子の振る舞いは危険でないことを見抜いていました。エネルギーを空間から取り出し活用するシステムを実現させる発明を実行に移す段階で、それが人々に独立をもたらすことを嫌ったイルミナーティ投資家により潰され、彼の業績は歴史から消し去られました。


しかし、ジェラード・モリンやその他の聰明な人たちはテスラの残した文書を研究し、空間に満ちる無害のエネルギーを活用する方法を再発見し始めています。



物質は特有の周波数(frequency)を持っています。
周波数はエネルギーを意味します。
エネルギーのあるとこにはエネルギーを運ぶ場(field)が存在します。

強力な磁石(magnet)は場(field)を活性化させます。

その証拠は、立てたアルミや銅の板の上を磁石はゆっくりと滑り落ちます。
その現象は磁石の磁力がアルミや銅のエネルギー場を活性化させた証拠です。

空間は、放射線で満ちています。
放射線は電子の流れを作り、電磁波を生み出しています。
電磁波は、電場の電子の流れ(electric current flow)になったり無線のマイクロ波(radio microwave)になったりしています。

これらの自然現象は無害です。
空間は自然のエネルギーに満ちています。

磁石を回転させると人体に無害の自然の電磁波エネルギーを取り出し活用できます。磁石の回転速度を調整して電圧を調整できます。またスパークギャップの幅を調整して周波数を調整できます。

これらの自然界の無限で無害のエネルギーを20世紀初頭に二コラ・テスラは確認し、それを活用するための有益な発明を残しています。

個々の独立を可能にするテスラの発見が広まることを恐れたイルミナーティは、この事実を封印し教育システムを用いて真実を注意深く隠してきました。

イルミナーティの教育機関の上層部や企業の上層部にいる科学者はこのことを知っています。
しかし、自らの権威を失墜させる事実は公表しませんし学校で教えることもありません。


自然の電磁波エネルギーについてジェラード・モリンの解説を聞いてください。


 The Key Element of Tesla's Discovery (2016/1/18)






注意

エネルギーは目に見えまん。
見えない実体を扱いますので現象を見て考えて結果を導く作業が必要です。
ユーチューブにUPされている実験を再現し、よく考えながら進んでください。

神とともに歩むことも同じだよ。


電気、電場、地場、電圧、電流、抵抗、コンデンサー(capacitor)、コイル、周波数などの電磁気学の基礎を最初に学んでから、十分の安全策を取りながら自己責任でフリーエネルギーを活用してください。

友達に電気の仕事に就いている専門家がいれば、一緒に取り組んだ方が、いろいろ教えてもらえるし近道と思います。


やる気のある方は、ジェラード・モリンのサイトのビデオは全て見ると良いと思います。



 True Free Energy: A demonstration (2014/11/12)





 Higher Level explanation of Manifested Natural Energy (2014/11/25)



 
 How to Build Gerard's RF Pump (Gerard Morin) (2014/11/30)




Gerard Motor PROOF of RF.mp4 (2015/9/21)




 Gerard Morin RF Machine - update 1 (2016/1/19)




他にも教育的なビデオがいっぱいあります。
高校を卒業したら、ユーチューブで学んだ方が実際的だよ。
イルミナーティの大学はクズしか教えないよ。アッ、ちょっと言い過ぎた。



これらのビデオの紹介の目的は、本来電気はタダであることを示すためでもあります。
電力会社は不要なのです。
電力のモノポリーを崩壊させる方法は、個々の技術者が安価で安全な装置を作って人々に広めることです。
それは、可能です。

フリーエネルギーを手にした個々の人々の独立は、NWOとの対立を招くと思います。
インターネットのおかげで、サタンの世のあらゆる構成要素のインチキが暴露されていますのでサタンの世に残された時はそう長くないと思います。

啓示の書の予言どおりに、やがてサタンは天から放逐され地には災いが臨むと思います。


啓二 12:7-12
7 また,天で戦争が起こった。ミカエルとその使いたちが龍と戦った。龍とその使いたちも戦ったが,8 優勢になれず,彼らのための場所ももはや天に見いだされなかった。9 こうして,大いなる龍,すなわち,初めからの蛇で,悪魔またサタンと呼ばれ,人の住む全地を惑わしている者は投げ落とされた。彼は地に投げ落とされ,その使いたちも共に投げ落とされた。10 そして,わたしは大きな声が天でこう言うのを聞いた。
「今や,救いと力とわたしたちの神の王国とそのキリストの権威とが実現した! わたしたちの兄弟を訴える者,日夜彼らをわたしたちの神の前で訴える者は投げ落とされたからである。11 そして彼らは,子羊の血のゆえに,また自分たちの証しの言葉のゆえに彼を征服し,死に面してさえ自分の魂を愛さなかった。12 このゆえに,天と[天]に住む者よ,喜べ! 地と海にとっては災いである。悪魔が,自分の時の短いことを知り,大きな怒りを抱いてあなた方のところに下ったからである」。







おまけ、

感電による人体への影響

感電について

人は体に何ボルト、何アンペアの電圧・電流で死にますか?

静電気の電圧と電流ってどの位!?感電しない意外な理由!

静電気






No comments:

Post a Comment