Monday, March 21, 2016

ニサンの14日



ユダヤ暦のニサンの14日はどのように特定されるのでしょうか。

考えてみましょう。


フラットアースの上空を、
太陽は、24hで1周し、
月は、23h50m28s、
星座は、23h 53m4sで1周します。

星空は地の円を1周する時間が4分短いので、24hで4分だけ(角度では1°だけ)余分に回ることになり、24hの1日で1°ずつ先へ進みます。6ヶ月で180°進みますから星座は6ヶ月ごとに反対側に移動することになります。星座が元の位置に戻る周期は約365日と1/4となります。

太陽が北回帰線から南回帰線までくだり、再び北回帰線にもどる周期は星座の1周期と同じとなり、季節と星座がシンクロします。

月は、
新月(朔)から三日月、半月(上弦)とふくらみ満月(望)を迎え、以降次第に欠けはじめ半月(下弦)となり、さらに欠け再び新月(朔)を迎えます。この新月から次の新月までの満ち欠けの周期を朔望月と呼び、その周期は約29日と1/2です。

それで月は朔望月周期を1年間に約12.4回繰り返します。
概算で、365 ÷ 29 = 12.5 です。


ユダヤ人の暦は、月齢でひと月を29、および30日としています。
また1年を12か月、または13か月とします。

古代イスラエルでは、月の始まりは、新月(朔、月の見えないとき、月齢 0)のあと最初に月が観察されたとき(月齢 1)とされていました。

個別の2人の信頼のおける目撃証人により現象がサンヘドリンに報告され、サンヘドリンがロシュ・コデシュ(rosh chodesh)、つまり月の始めを宣言し、人々に伝えていました。

ニサンの14日とは、ニサンの月の月齢が14のときとなります。
イエスの時代のユダヤ人は、月の朔望周期を基準に生活していました。



まとめ、

星座と太陽の周期は、365.25日
月の朔望周期は、29.45日

1年を12か月とすると、ひと月の日数は、
365.25 ÷ 12 = 30.4376 . . . 約30.4日

ひと月の日数と月の朔望周期との差は、
30.4 - 29.45 = 0.95

1年は12か月なので、0.95日を12倍すると、
0.95 × 12 = 11.4  1年間で約11日、月の朔望周期と星座/太陽の周期にズレが生じます。

そのズレは3年では、
11 × 3 = 33 となり約1月のズレとなります。

星座と太陽の周期の1年は、365.25日で、
月の朔望周期は、29.45日なので、
365.25 ÷ 29.45 = 12.4  で1年は、12.4か月となります。

これを調整をせずに放置すると、星座/太陽周期と月の朔望周期のズレは、10年では330日となり約1年ものズレとなります。


1年を12か月とすると、月の朔望周期に基づくニサンの月は毎年11日ずつ早く始まることになり、ニサンの月が春から冬、秋、夏、一巡りして再び春に戻る現象が生じます。

ですから、1年を12か月でシンクロさせるために、うるう月を入れる必要があるわけです。

イスラエル人は2年か3年に一度、アダル I (Adar I)と称する月を追加し1年を13か月とします。古代のイスラエル人たちは計算によらず季節を観察してズレを調整していました。



うるう年のサイクルは、
長音階サイクルとなります。
全音は、12か月の普通年が2つと13か月の「うるう年」を1つ含みます。
半音は、12か月の普通年が1つと13か月の「うるう年」を1つ含みます。


例えば、

半  2004(普)、2005(うるう年)

全  2006(普)、2007(普)、2008(うるう年)

全  2009(普)、2010(普)、2011(うるう年)

全  2012(普)、2013(普)、2014(うるう年)

半 2015(普)、2016(うるう年)

となります。


うるう年に「アダル I 」を加えたユダヤ暦

 




次に、主の記念式は律法契約の過ぎ越しのように守られるべきかについて

西暦前1943年のニサンの14日にアブラハムは神の導きに従ってユーフラテス川を渡り神との契約関係に入りました。

それから、430年後のニサンの14日にアブラハムの子孫のイスラエル人たちは、エジプトの奴隷状態から解放され約束の地に向かい、奇跡的に紅海を渡りアラビアのシナイ山で西暦前1513年に神との契約関係に入りました。

それから、1546年後の西暦33年のニサンの14日にイエスの弟子たちはキリストの死による新し契約に入りました。


ニサンの14日は、
アブラハム契約と、新しい契約が有効となった日です。

その日は律法契約で予表されていたとはいえ影である律法契約の実体ではありません。
それは、むしろアブラハム契約の実体です。

(上記は、誤解をまねくので調整します。)


アブラハムは神との契約を生涯意識していましたが、ニサンの14日を毎年記念して暮らしませんでした。

新しい契約下のクリスチャンたちは律法契約の要求のようにニサンの14日を守る義務はありません。

クリスチャンギリシャ語聖書にそのような要求はありません。

むしろ、クリスチャンギリシャ語聖書は、律法の儀式上の取り決めや要求は律法の廃止とともになくなったことを強調しています。

それで、律法の規定を細心に守ることにより神に義とされることはもはやはありません。
ですから、イエスはニサンの14日に制定された新しい契約について律法契約のように細かい規定を何一つ設けませんでした。

イエスは、「わたしの記念として行いなさいと」と述べただけです。
1年に1度とか、ユダヤ教の暦に合わせてとかの要求はありません。

聖書に書かれていないことを要求する人は義にすぎる人でしょう。

そもそも、ニサンの14日は、毎年星座/太陽周期から11日ズレて生じます。
だれも「ぴったり一巡りしたニサンの14日」にイエスの死を記念していません。

ですから、ユダヤ暦に合わせてイエスの死を記念すべきだとの主張は無意味といえます。


いつキリストの死をパンとぶどう酒を用いて記念するかは各自が自分の置かれた状況で決めればよいことです。


コロサイ 2:16-17
16 ですからあなた方は,食べることや飲むことで,また祭りや新月の習わしや安息日に関して,だれからも裁かれるべきではありません。17 それらの事は来たるべきものの影であって,その実体はキリストに属しているのです。

ローマ 14:5-6
5 ある人は,ある日がほかの日に勝ると判断し,別の人は,どの日もほかのすべての日と同じであると判断します。おのおの自分の思いの中で得心していなさい。6 日を守る者は,それをエホバに対して守ります。また,食べる者は,エホバに対して食べます。その人は神に感謝をささげるからです。そして,食べない者は,エホバに対して食べません。それでもその人は神に感謝をささげます。



コリント第一 11:23-26
23 わたしは,自分が主から受けたこと,それをあなた方に伝えたのです。すなわち,主イエスは,渡されようとしていた夜,ひとつのパンを取り,24 感謝をささげてからそれを割き,こう言われました。「これはあなた方のためのわたしの体を表わしています。わたしの記念としてこれを行なってゆきなさい」。25 晩さんをすませた後,杯についても同じようにして,こう言われました。「この杯はわたしの血による新しい契約を表わしています。それを飲むたびに,わたしの記念としてこれを行なってゆきなさい」。26 このパンを食べ,この杯を飲むたびに,あなた方は主の死をふれ告げてゆくのであり,それは彼が到来する時にまで及ぶのです。



キリストの記念式をいつ行うかについての詳細な指示はクリスチャンギリシャ語聖書中にありません。記念式の日や頻度より大切なことは、キリストの死が意味する救いを記念することです。



聖書に書かれていないことを要求する人は、書かれていることを超えていると言えます。そのような人は義にすぎると思います。

コリント第一 4:6
6 . . . 「書かれている事柄を越えてはならない」という[定め]を学んでもらい,あなた方がそれぞれ一方に付いて他方を退け,思い上がるようなことのないためです。


だれも聖書にない自分の基準で他人を裁くことはできません。

ヤコブ 4:11-12
11 兄弟たち,互いのことを悪く言うのはやめなさい。兄弟のことを悪く言ったり,自分の兄弟を裁いたりする人は,律法を悪く言い,律法を裁いているのです。そして,律法を裁くのであれば,あなたは律法を行なう者ではなく,裁き人です。12 立法者また裁き主である方はひとり,それは救うことも滅ぼすこともできる方です。しかし,[自分の]隣人を裁くあなたは,いったいだれなのですか

マタイ 7:1-2
1 「自分が裁かれないために,[人を]裁くのをやめなさい。2 あなた方が裁いているその裁きであなた方も裁かれることになるからです。そして,あなた方が量り出しているその量りで人はあなた方に量り出すでしょう。



キリストの死の記念式は、キリストの犠牲を思い起こすときとなります。
キリストの犠牲は、選ばれた一部の人々だけのものではありません。
それは、アダムの子たちすべてのためにささげられました。


それは、アブラハム契約に書かれているように地のすべての人々の祝福のためのものですから、キリストを信じるクリスチャンはキリストの犠牲を表すパンとぶどう酒にあずかります。


創世記 22:18
18 そして,あなた(アブラハム)の胤によって地のすべての国の民は必ず自らを祝福するであろう。あなたがわたしの声に聴き従ったからである』」。

ヨハネ 6:51, 53-54
51 わたしは天から下って来た生きたパンです。だれでもこのパンを食べるなら,その人は永久に生きます。そして,本当のことですが,わたしが与えるパンとは,世の命のためのわたしの肉なのです」。
53 そこでイエスは彼らに言われた,「きわめて真実にあなた方に言いますが,人の子の肉を食べず,その血を飲まないかぎり,あなた方は自分のうちに命を持てません。54 わたしの肉を食し,わたしの血を飲む者は永遠の命を持ち,わたしはその人を終わりの日に復活させるでしょう。

マタイ 26:26-28
26 彼らが食事を続けていると,イエスはパンを取り,祝とうを述べてからそれを割き,弟子たちに与えて,こう言われた。「取って,食べなさい。これはわたしの体を表わしています」。27 また,杯を取り,感謝をささげてからそれを彼らに与え,こう言われた。「あなた方はみな,それから飲みなさい。28 これはわたしの『契約の血』を表わしており,それは,罪の許しのため,多くの人のために注ぎ出されることになっているのです。



キリストの犠牲を信じるすべてのクリスチャンに、キリストは「食べなさい」また「飲みなさい」と述べてパンとぶどう酒を与えました。


それにもかかわらず、フリーメイソンものみの塔協会は、信者に対する記念式の話のほとんどをキリストの体をわきまえずに「食べたり」「飲んだり」するものは身に裁きを受けるという警告に用います。

ものみの塔を導く霊は神からのものではありません。

加えて、ほとんど誰もパンとぶどう酒にあずからない集まりに未信者をできるだけ多く招き、表象物にあずかる人が注目を引くような記念式としています。

また、大半の信者は表象物にあずかることなく軽く受け渡すだけで記念式の目的を逸し、それよりも人々の注目を集める華やかな衣装で浮き立っています。


これは、キリストが始めた記念式ではありません。


イエスは死の直前にご自分と最も親しかった12人の使徒たちとだけで記念式を行われました。その後一晩中、辱めと侮辱に耐えご自分の命を全人類のために犠牲となさいました。

キリストの記念式は、その意味も分からない人への証言のときでも、浮かれ騒ぐときでもないでしょう。


ものみの塔協会はキリストの記念式を異質なものに変えてしまいました。
ものみの塔協会の主の記念式は自らの義を人に見せるためのイベントであり、信者リクルートのための催事にすぎません。

マタイ 23:5-6
5 すべてその行なう業は人に見せようとしてするのです。彼らは,お守りとして身に着ける[聖句]入れの幅を広げ,[衣の]房べりを大きくしているからです。6 また彼らは晩さんにおいては最も目立つ場所を,そして会堂では正面の座席を好み,7 また市の立つ広場でのあいさつや,人にラビと呼ばれることを[好み]ます。

マタイ 6:1
1 「人に注目されようとして自分の義を人の前で行なうことがないようによく注意しなさい。そうでないと,天におられるあなた方の父のもとであなた方に報いはありません。



キリストの死と復活
 
裁きと救い





No comments:

Post a Comment