Thursday, May 5, 2016

UFO & 宇宙人について

UFO、ET、超常現象などは、ハイテクを手にしている米国などの軍隊、また悪霊たちにより演出されています。その目的は不信仰な世をだまして世界支配を達成するためです。

Aleister Crowley's Lam & the Little Grey Men


イルミナーティのアリスター・クロウリー(Aleister Crowley 1875-1947)は、よく知られたオカルト指導者でサタニストでした。彼の書いた「法の書物(The Book of the Law)」、「魔術の理論と実践(Magick in Theory and Practice)」、「トート神の書物(The Book of Thoth)」は、オカルトの世界では広範に用いられています。クローリーによると、それらの書物はアイワツ(Aiwaz)と呼ぶある霊との交信により自分の手が勝手に動き書かれたものとされています。

クローリーの魔術書は、人間ではない霊との交信を確立するための教義や技術を解説しています。その中では、人類の将来、地の新秩序を設立するクローリーの教義の全体が要約されています。- Aleister Crowley, Magick, Liner Notes

その書物のなかで「今日、人々は彼らを天使、悪霊と呼び、将来は別の呼び名で呼ぶでしょう。」とクローリーは述べています。




Lam                                                           Alien Grey                                              
 




今日、「グレイ」と呼ばれている宇宙人は、悪魔崇拝者のアリスター・クローリーが魔術の儀式をとおして交信したラム(Lam)と呼ばれている悪霊たちのことです。さらなる魔術の儀式によりそれらの霊的実在者たちが地上の世界に直接近づく状況が確立されます。あるグループや人々は、それらの見えない実在者たちを人類の授益者たちと信じています。それで、魔術の儀式をとおして見えない実在者たちを地上の世界に引き寄せることを続けています。

悪魔崇拝者たちは、クローリーのラム(Lam)を召喚するまじないに関わっています。彼らはレイ・ホォーラー(Ray Fowler)の本に従い同様の手法でグレイ(Grey)宇宙人との盛んな交信も行っています。

クローリーと黒魔術師のマンリー・P・ホール(Manly P. Hall)は、悪霊たちの姿を変える能力を幽霊やUFOの幻影と似ていることについて書いています。


マンリー・P・ホールによると、現代の霊媒による幻影の大半は、物質の体をまとった元素状の生き物(彼の表現による悪霊たち)です。

オカルト組織を離れたジョン・トッド(John Todd)は、イルミナーティたちは「7」(The Seven)と呼ばれる悪霊の支配者たちから直接の命令を受けていると主張しています。

悪魔崇拝者として、イルミナーティは非常に強力な霊者に取りつかれていると、ステファン・ドリンズ(Stephen Dollins)は述べています。



UFO現象は、NASAや空軍のハイテク兵器によるものか、悪霊による心霊現象です。Greyのような宇宙人は悪霊とNASAの合作でしょう。









最も一般的なUFOの3つのタイプ




タイプ 1
輝く光学物体(The Glowing ORBS)
固体(solid)ではない。
最も一般的なタイプ
しばしば、現れたり消えたりする。
高速で動きまわれる。
しばしば、群れを成して出現する。
しばしば、NASAにより撮影される。
しばしば、形と色を変える。

Image   












タイプ 2
空の蛇
しばしば、形を変える。
しばしば、色を変える。
しばしば、現れたり消えたりする。

Image    Image

Image




タイプ 3
金属製(metallic)の円盤、もしくは長方形、その他
固体(solid)の物体
滅多に撮影されない。
単体で出現する。
しばしば、映像がインチキと分かる。
この手のタイプはハイテク兵器でしょう。


Image   Image








UFOを開発しているハイテク産業

エドワード空軍基地 (Edwards Air force base)
ノースロップ社 (Northrop Corp.)
マクドネル・ダグラス社 (McDonnell Douglas Corp.)
ロッキード・マーチン社 (Lockheed Martin Corp.)

これらのイルミナーティ組織はUFOの開発運用のパートナーです。
すべてはエドワード空軍基地に隣接し地下トンネルで連結しています。

金属製の固体UFOは宇宙人のものではなく人間のハイテクの産物です。
UFO製作に使われているハイテクには、
量子力学 (quantum mechanics)
プラズマ物理学 (plasma dynamics)
反重力 (antigravity)
電磁波放射技術 (electromagnetic radiation technology)
低温核融合技術 (cold fusion) その他があります。



4,000年ほど過去のノアの洪水前には、物質化して人間の姿を持った霊者たちが人間の女性と暮らしていました。それらの霊者たちは不自然な快楽を求めて天のあるべき場所を捨てた者たちです。ノアの洪水のあと彼らは地上に肉体をもって現れることを許されていないため人間の霊媒やその他の媒体をとおして人と交信をします。昔から人々は魔術や錬金術をとおしてそれらの悪霊たちからハイテクを学んできました。今でも昔と変わらず科学の名のもとに秘められている知識や技術を求めて悪霊たちとの交信がなされています。

ユダ 6
6 また,自分本来の立場を保たず,そのあるべき居所を捨てたみ使いたちを,大いなる日の裁きのために,とこしえのなわめをもって濃密な闇のもとに留め置いておられます。

創世記 6:1-2
1 さて,人が地の表に増え始め,彼らに娘たちが生まれると,2 そのとき[まことの]神の子らは人の娘たちを見,その器量の良いことに気づくようになった。そして彼らは自分たちのために妻を,すべて自分の選ぶところの者をめとっていった


ノアの洪水 化石の証拠



物質の体をもつ宇宙人はインチキでありイルミナーティNASAと米政府の悪だくみです。


UFO研究家 (ufologist) の日系アメリカ人の Norio Hayakawa(早川弼生)は、UFO現象は軍事技術によると述べています。それは地球外生物の宇宙人によるものではありません。

「アメリカ政府は将来の政治的な計画のために宇宙人の話をでっちあげている」と早川氏は解説しています。

UFOと関係のある地域は軍の演習が行われる地域です。
その地域で米軍は生物兵器を用いた細菌戦や心霊術を用いた心理戦などさまざまな軍事演習を行っています。

米政府は、UFOや超常現象を宇宙人と関連付けて人々の条件付けを行っています。

米政府はUFO、宇宙人による国民の条件付けに深くかかわっています。



19世紀のイルミナーティ・フリーメイソンの英国の歴史家およびSF小説家のH.G.ウェルズ  (H.G.Wells) はイルミナーティの目指す新秩序の預言者として大衆洗脳のために人々の思いを形作るたくさんの書物を書いています。


その中のひとつに1898年に発表した「宇宙戦争」というSF小説があります。その小説では火星人の襲撃が書かれおり、1938年にアメリカでその本の内容に基づくラジオドラマを使った社会実験がなされ聴衆にパニックが起きました。

そのラジオドラマは、1938年10月30日に、アメリカのCBSネットワークにおける「マーキュリー劇場」という番組で放送されました。宇宙人が地球(アメリカ)に攻めてきたという内容でオーソン・ウェルズ (Orson Welles) が、現場からの報告として実際のニュース放送のような形で放送しました。そのため、多くの市民が現実に起きている出来事と勘違いし、パニックを引き起こした、とされています。



 Orson Welles - War Of The Worlds





宇宙人はイルミナーティNWOのための道具のひとつです。
レーガン元米国大統領は国連で宇宙人の襲撃の可能性について触れ、そのような外敵からの脅威は世界中の一致と協力を引き起こすことを述べています。NASAと米政府はUFOや宇宙人を用いて大衆の条件付け行っています。ですからインチキUFOや宇宙人を用いた心理作戦は世界政府の口実に用いられるでしょう。



 President Ronald Reagan mentions Alien Threat at Fallston
UN & National Strategy Forum






物質のUFOは人間のハイテクの産物で軍によって運用されています。
その他のUFOや宇宙人は、そのほとんどが霊的な超常現象です。




 1/5_UFOと秘密兵器
「透明ステルス機」「透明装備服(プレデター型)」



 2/5_UFOと秘密兵器
「UFO発射の瞬間」(The Northrop Corp.)



 
  3/5_UFOと秘密兵器
「プラズマ兵器」「気象兵器」「地震兵器」
(McDonnell Douglas Corp.)





4/5_UFOと秘密兵器
「謎を解くカギ_エドワード空軍基地」 (Lockheed Martin Corp.)



イルミナーティたちはハイテクや悪霊を活用してUFO、クロップサークル、異常気象、人工地震、巨大な穴、その他の超常現象を演出しています。

クロップサークルはプラズマ技術を用いたミリタリーオペレーションです。
英国のストーンヘンジ (Stonehenge)の付近で、しばしば軍隊か悪霊がプラズマ・ボールライトから電磁波を出して作品を作っています。クロップサークルの図柄が宇宙人だったり、イルミナーティシンボルであるのは、その作者がイルミナーティだからです。



Jah Jah Exposes the Crop Circle Hoax




 Balls of lights forming Crop Circles 
- 11th of Aug 1996 - near Hillfort - Wiltshire UK.avi 




ハイテク、悪霊による超常現象 (paranormal phenomena) についてのイエスの予言

マタイ 24:24
24 偽キリストや偽預言者が起こり,できれば選ばれた者たちをさえ惑わそうとして,大きなしるしや不思議を行なうからです。






おまけ、

HAARPによる地球工学(geoengineering)
イルミナーティのロスチャイルド家は気象操作に深く関わっています。


 You need to see this HAARP Extreme Weather Activity!!! 
GEO-ENGINEERING Explained




HAARP Pooned Humanity 
- We Are Being Exterminated - Scripted Doom 





October 2014 Breaking News 
Weather weapons existed over 15 years testified USA Secretary Defense





 Future Technology that will blow your Mind 
(Full Documentary)






アメリカのTV番組が報道した気象改変施設の存在
 





【人工地震の事実】あなたのために5分ください




巷では、宇宙人は高度に発達したテクノロジーと文化を持っているといわれていますが、宇宙人が人を誘拐しただとか、たくさんの牛や生き物を殺しただとか、まるでキチガイのようにふるまう宇宙人、政府や軍と秘密裏に交信している気味の悪い宇宙人、クロップサークル(crop circle)で間接的にしか人類に意思を伝えない正常な外交とは決して言えない宇宙人など、その出現はまるで悪霊的です。

なぜならそもそも宇宙人の話は悪霊の息のかかったインチキだからです。





Flat Earth Truth of the UFO Alien Deception
Full Documentary




Scariest UFO Documentary Ever! 
- Conspiritus Remake by Xendrius - Proper / Full Version


4 comments:

  1. 兄弟、こんばんわ。

    私がある教授から聞いたことなんですが、フォンノイマンだったかな。
    彼が夜な夜な外へ出かけるもんだから、彼の友人たちが心配して、いつもどこへ行くんだと問うと彼の「悪魔と計算してくる」と一言返答されたという逸話があるようです。

    ReplyDelete
  2. はじめまして。いつも楽しみにして見ています。有益な情報有難うございます。

    ReplyDelete
  3. neko chan さん
    おはようございます。
    コメントありがとうございます。

    ReplyDelete