Saturday, May 7, 2016

反重力 (antigravity)

反重力技術



東北大学の早坂秀雄教授と竹内栄教授はジャイロを右回りに高速回転させると軽くなることを実験で確認し学術誌に投稿しています



ビーフェルド-ブラウン効果 (Biefeld-Brown effect)

英語のwiki

コンデンサーのマイナスの電極を下、プラスの電極を上におくと上方に向かう電子の圧力で空間の電荷移動が起き反重力が生じコンデンサーは軽くなります。

この発見はイルミナーティ学会による妨害により、単に電子流による浮力なのか重力場の変化なのかについては論争が生じています。


 解説図
 









米軍はステルス爆撃機 (B-2 Stealth Bomber)の表面を劣化ウランでコーティングし上部前方にプラスの電荷、下部後方にマイナスの電荷をためて反重力飛行を実現しています。


劣化ウランからの放射線被爆許容時間がありますのでパイロットはその時間内での飛行を余儀なくされています。佐野千遥博士によると単極磁石を用いるとこの問題は解消されるそうです。








Biefeld-Brown effect

Gravity and Antigravity

佐野千遥博士の解説



反重力について (about antigravity) 


佐野先生は球体太陽中心モデルで解説していますが、そこは間違っています。佐野先生にフラットアースについてメールしましたが、返事はありませんでした。取り巻きにより先生に届いていないか、洗脳の力のために一笑に付したか、だと思います。



Jess Fritch ★ Thomas Townsend Brown & Gravity Control






イルミナーティによる真実の弾圧


Dr. マーチン・フライシュマン (Dr. Martin Fleischmann) とDr. スタンリー・ポンズ (Dr. B. Stanley Pons) は常温核融合を成功させ人類に益のために公表したところ、イルミナーティ学会から弾圧排斥されました。



 左 Dr. ポンズ、右 Dr. フライシュマン




Suppressed Technology 1: 
The Untold Story of Cold Fusion (Tritium)





ユージン・マローブ 博士 (Eugene Mallove) MIT(マサチューセッツエ科大学)の教授は、MITのトップ科学者として科学の真実を擁護したためにイルミナーティ組織より暗殺されました。







マローブ博士は常温核融合 (cold fusion) を擁護したために2004年5月14日に殺害されました。

ユージン・マローブ博士のように、イルミナーティ教育制度でサイエンスのトップ教育を受た正直で心の正しい学者はたくさんいます。










 Cold Fusion and Beyond - Dr. Eugene Mallove




Part1of3 Dr. Eugene F. Mallove - 
MURDERED AFTER THIS INTERVIEW






サタンの組織の中で真実のために声を上げる人々は、必ず弾圧され迫害を受けます。
宗教でも、企業でも、公務員でも、学術組織でも、どんな組織の中でも正直で真実を擁護する人々がいます。

神はそのような人々に好意をお持ちです。
キリストの千年統治下で 彼らはしかるべき報いを享受するでしょう。



 ヘブライ 4:13
13 そして,[神]のみ前に明らかでない創造物は一つもなく,すべてのものはその目に裸で,あらわにされており,この方に対してわたしたちは言い開きをしなければなりません。


 コリント第二 5:10
10 わたしたちは皆キリストの裁きの座の前で明らかにされなければならないからです。こうして各人は,それが良いものであれ,いとうべきものであれ,自分が行なってきたことにしたがい,その体で行なった事柄に対する自分の報いを得るのです。


ローマ 2:10-11
10 しかし,栄光と誉れと平和が,良い事柄を行なうすべての人に,ユダヤ人を初めとしてギリシャ人にもあるのです。11 神に不公平はないからです。


ガラテア 6:7
7 惑わされてはなりません。神は侮られるような方ではありません。何であれ,人は自分のまいているもの,それをまた刈り取ることになるのです。



インチキ組織のインチにくみしない人は幸いです。

No comments:

Post a Comment