Saturday, October 7, 2017

ロイド・バリー



ロイド・バリー (Loyd Barry) は、かつて「も塔」日本支部の調整者 (top) でした。

1949年に来日し、1952年に日本支部の監督に就任してから、1975年の、いわゆる『ハルマゲドン預言』までの間に日本のものみの塔信者を増やした功績で、1975年2月に『統治体』メンバーとなりましたが、1999年7月2日にハワイで、階段から『転落』し、頭部を強打して亡くなりました。

日本のJWはロイド・バリー兄弟に親しみを持っていると思います。

でも、そのほとんどはロイド・バリーの背景を知らないでしょう。



ロイド・バリーは心霊術者です。

An Open Letter to Jehovahs Witnesses re 1914
ブラウザの検索機能をもちいて、「Back Ground on Lloyd Barry」で記事を検索してください。


Nora Barry(ロイド・バリーの妹), Irene Wills, Phoebe Smith, Sister Kelly, Jessie Thompson, Joyce Keesing, Jean Grayなどの姉妹たちは、も協会に用いられたニュージーランドの戸別訪問伝道者たちです。


ノラ・バリーとラッセル派のロイドの父は、心霊術者でした。

ノラはウィジャーボードを読むことができ、他の男性たちと天井を歩くことができました。


ロイド・バリーは、ラッセル派の信条を信じるためにそれらの現象を科学的に調査しました。

彼は、オーストラリア ニューサウスウェールズ州 (New South Wales) のブレイスノーズ大学 (Brasenose College) で物理学を学び、 1946年にロスチャイルド資金によるイルミナーティ(エリート)のためのローズ奨学金制度の対象者に選ばれています。
 
彼は悪霊から物理学を学んだのでしょう。 




1990年代始めのロイド・バリーのオカルト活動

1991年 国連NGOの申請書にサインをしている。

1991年 デンマークの中央に位置するシルクボーグ (Silkeborg) 大会ホール(ヨーロッパでは congress hall と呼ばれている)をエホバ神(?)に献堂する。

シルクボーグの大会ホールは、もろにイルミナーティ シンボルとなっている。
上空からの眺めで、ピラミッドの敷地にホルス (Horus 古代エジプトの神) の目を確認できます。

知らないJWたちは、ホルスの目の中で大会を開き洗脳されます。



 Jehovah's Witnesses - In the Eye of Horus



https://www.google.dk/maps/@56.1866496,9.6206753,1266a,35y,90h/data=!3m1!1e3?hl=da






ロイド・バリーはイルミナーティ(エリート)でしたよ。
日本のJWは、それと知らずにイルミナーティに利用されています。
これは、日本だけでなく全世界同じですけどね。


インターネットと内部告発者たちのおかげでインチキ劇場は終わりました。


早くバビロンから出なさい。

No comments:

Post a Comment