Friday, November 25, 2016

長老たちの牧羊訪問


組織崇拝の旗振り長老たちの牧羊は、組織崇拝のためにであり、キリストの教えに従う決意を励ますのではありません。



ある姉妹は、「ものみの塔協会」が偽者であることを見破り断絶することにしました。

それを知った長老たちは牧羊訪問で、姉妹と話し合い聖句を用いて説得を試みました。



長老たちは、以下の聖句を用いて「ものみの塔協会」の権威を擁護し強調しました。

マタイ 24:45-46 の「忠実で思慮深い奴隷」についての聖句
マタイ 14:16-20 の「イエスの割いたパンを弟子たちが群集に配った」という聖句
箴言 4:18 の「増しゆく光」の聖句


長老たちの聖句の適用の間違いについて書きます。




マタイ 24:45-46 の「忠実で思慮深い奴隷」は誰でしょうか。

マタイ 24:45-46
45 「主人が,時に応じてその召使いたちに食物を与えさせるため,彼らの上に任命した,忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか。46 主人が到着して,そうしているところを見るならば,その奴隷は幸いです。47 あなた方に真実に言いますが,[主人]は彼を任命して自分のすべての持ち物をつかさどらせるでしょう。


長老たちの聖句からの推論は以下のとおりです。

イエスは「忠実で思慮深い奴隷」に全ての持ち物をつかさどらせている。
その奴隷は、1919年にイエスから任命を受けた「ものみの塔協会」の残りの者たちである。
だから、「ものみの塔協会」は主の選びの器である。



まず、「忠実で思慮深い奴隷は誰でしょうか」と尋ねたイエスの質問の意図について考えて見ましょう。

その質問は、人は救われるために「イエスから任命を受けた忠実で思慮深い奴隷」を識別することが必要であることを示すためのものでしょうか。

それとも、最後まで忠実で思慮深くあることを弟子たちに強調するためでしょうか。

前後の文脈を見てみましょう。

マタイ 24:43-51
43 「しかし,一つのことを知っておきなさい。家あるじは,盗人がどの見張り時に来るかを知っていたなら,目を覚ましていて,自分の家に押し入られるようなことを許さなかったでしょう。44 このゆえに,あなた方も用意のできていることを示しなさい。あなた方の思わぬ時刻に人の子は来るからです。
45 「主人が,時に応じてその召使いたちに食物を与えさせるため,彼らの上に任命した,忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか。46 主人が到着して,そうしているところを見るならば,その奴隷は幸いです。47 あなた方に真実に言いますが,[主人]は彼を任命して自分のすべての持ち物をつかさどらせるでしょう。
48 「しかし,もしそのよこしまな奴隷が,心の中で,『わたしの主人は遅れている』と言い,49 仲間の奴隷たちをたたき始め,のんだくれたちと共に食べたり飲んだりするようなことがあるならば,50 その奴隷の主人は,彼の予期していない日,彼の知らない時刻に来て,51 最も厳しく彼を罰し,その受け分を偽善者たちと共にならせるでしょう。そこで[彼は]泣き悲しんだり歯ぎしりしたりするのです。


文脈から判断すると、最後まで、つまりイエスが戻られるまで忠実で思慮深く用意ができていることを励ますための質問であることは明白です。

ここの文脈や、その他多くの聖句は、救いのために真のクリスチャン会衆を識別することを強調していません。
なぜなら、その必要がないからです。
王国の子たちのクリスチャン会衆は天に登録されている会衆であり、地上には存在しません。
そして、小麦と雑草は見分けがつかないと言われています。
イエスが戻られるときに小麦は報いを受け、雑草は焼き払われることになっています。

裁きのためにキリストが戻られるとき、だれが「忠実で思慮深い」本物のクリスチャンかが明らかになるでしょう。

それで、イエスの「忠実で思慮深い奴隷は誰でしょうか。」という問いは、「それは、わたしですとか、ものみの塔です。」などと聞き手が答えられるものではありません。

その答えは、キリストが戻られるとき各自が受ける報いによって明らかになるものです。


キリストが戻られるとき、忠実で思慮深く用意のできていた人たちは王国を受け継ぎキリストの持ち物すべてをつかさどることになります。

他方、「主よ、主よ」と言って宗教活動をしていた偽者たちは、王国にあづかることはできません。



マタイ 7:21-23
21 「わたしに向かって,『主よ,主よ』と言う者がみな天の王国に入るのではなく,天におられるわたしの父のご意志を行なう者が[入る]のです。22 その日には,多くの者がわたしに向かって,『主よ,主よ,わたしたちはあなたの名において預言し,あなたの名において悪霊たちを追い出し,あなたの名において強力な業を数多く成し遂げなかったでしょうか』と言うでしょう。23 しかしその時,わたしは彼らにはっきり言います。わたしは決してあなた方を知らない,不法を働く者たちよ,わたしから離れ去れ,と。


宗教的な主張や外見は人を欺けても、キリストを欺くことはできません。


クリスチャン各自は、忠実で思慮深くあり、神のご意志を行う者となるべきです。

マタイ 7:24-27
24 「それゆえ,わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なう者はみな,思慮深い人に例えられるでしょう。それは岩塊の上に家を建てた人です。25 そして,雨がどしゃぶりに降って洪水が来,風が吹いて打ちつけても,その家は崩れ落ちませんでした。岩塊の上に土台が据えられていたからです。26 そしてまた,わたしのこれらのことばを聞いてもそれを行なわない者はみな,愚かな人に例えられるでしょう。それは砂の上に家を建てた人です。27 そして,雨がどしゃぶりに降って洪水が来,風が吹いて打ち当たると,その家は崩れ落ち,その崩壊はひどいものでした」。


ルカ 16:10
10 ごく小さな事に忠実な人は多くのことにも忠実であり,ごく小さな事に不義な人は多くのことにも不義です。


啓示 2:10
10 . . . 忠実であることを死に至るまでも示しなさい。そうすれば,命の冠をあなたに与えよう。



クリスチャン各自は、キリストに従属するものであり霊的な食物の家令です。
それゆえに、忠実で思慮深く神のご意志を行うことが期待されています。
「忠実で思慮深い奴隷」は宗教組織、あるいは統治体などではありません。

コリント第一 4:1-2
1 それで人は,わたしたちを,キリストに従属する者,また神の神聖な奥義の家令と評価すべきです。2 さらに,この場合,家令に求められるのは,忠実であることです。


キリストが戻られるとき、「充実で思慮深い家令」各自は、キリストと共に王となりキリストのすべての持ち物をつかさどることになります。

ペテロ第一 5:2-4
2 あなた方にゆだねられた神の[羊の]群れを牧しなさい。強いられてではなく,自ら進んで[行ない],不正な利得を愛する気持ちからではなく,真剣な態度で[牧しなさい]。3 また神の相続財産である人々に対して威張る者のようにではなく,かえって群れの模範となりなさい。4 そうすれば,主要な牧者が現わされた時,あなた方はあせることのない栄光の冠を受けるでしょう


啓示 2:25-27
25 それにしても,あなた方が持っているものを,わたしが行くまでしっかり守りなさい。26 そして,征服する者,わたしの行ないを終わりまで守り通す者には,わたしは諸国民に対する権威を与え,27 その者は鉄の杖で民を牧し,彼らは粘土の器のように打ち砕かれるであろう。それは,わたしが自分の父から受けたのと同様であり,


啓示 22:12
12 「『見よ,わたしは速やかに来る。そして,わたしが与える報いはわたしと共にある。各々にその業のままに報いるためである。


ルカ 19:15-19
15 「やがて,王権を確かに得て戻って来た時,彼は,銀子を与えておいたこれらの奴隷を呼び寄せるように命令しました。彼らが商取引きをしてもうけたものを確かめるためでした。16 そこで,最初の者が出て来て言いました,『主よ,あなたの一ミナは十ミナをもうけました』。17 それで彼は言いました,『よくやった,善良な奴隷よ! あなたは非常に小さな事において忠実であることを示したから,十の都市に対する権威を持ちなさい』。18 さて,二番目の者が来て言いました,『主よ,あなたの一ミナが五ミナを得ました』。19 彼はこの者にも言いました,『あなたも五つの都市を受け持ちなさい』。


マタイ 25:19-23
19 「長い時を経たのち,その奴隷たちの主人が来て,彼らとの勘定を清算しました。20 それで,五タラントを受けていた者が進み出,追加の五タラントを差し出して,こう言いました。『ご主人様,わたしに五タラントをゆだねてくださいましたが,ご覧ください,わたしはさらに五タラントをもうけました』。21 主人は彼に言いました,『よくやった,善良で忠実な奴隷よ! あなたはわずかなものに忠実であった。わたしはあなたを任命して多くのものをつかさどらせる。あなたの主人の喜びに入りなさい』。22 次に,二タラントを受けていた者が進み出て,言いました,『ご主人様,わたしに二タラントをゆだねてくださいましたが,ご覧ください,わたしはさらに二タラントをもうけました』。23 主人は彼に言いました,『よくやった,善良で忠実な奴隷よ! あなたはわずかなものに忠実であった。わたしはあなたを任命して多くのものをつかさどらせる。あなたの主人の喜びに入りなさい』。


バプテスマを受けた忠実で思慮深いクリスチャン各自は、主人であるキリストが天軍を率いて戻られるときに用意ができおり、キリストの王国に加わりキリストのすべての持ち物をつかさどることになります。



「ものみの塔聖書冊子協会」の、この聖句の適用は、カリスマ的自己推薦です。

人々に、『この「忠実で思慮深い奴隷」いったいだれでしょうか。』と尋ね、『それは、わたしたちです。』と答えて自己推薦しています。

騙されたエホバの証人たちは、人々に『この「忠実で思慮深い奴隷」いったいだれでしょうか。』と尋ね、『それは、わたしたちの組織です。』と答えて自己推薦します。


その根拠はというと、「1919年にイエスにより任命された」という独自の予言解釈に基づく主張です。ですから、「ものみの塔協会」の権威は、彼らの予言解釈に立脚しています。

しかも、その独自の予言の解釈は破綻をきたしていて変更を余儀なくされ、今では実現し得なくなっています。



「ものみの塔協会」独自の予言解釈

1914年 
キリストが戻り、信者は天へ召され、地上ではハルマゲドンが起きる。
折りしも、その年の8月に第一次世界大戦が勃発し期待は高まりました。
しかし、公表いた10月を過ぎても、キリストは戻らず天へ召されることのなかったため、ラッセルは予言の解釈のバージョン・アップを計りました。
彼は、こう言いました。「キリストは天で王座につき、見えないが戻られその臨在が始まった。ハルマゲドンはこれから1世代のうちに来る。」

1914年を起点とした独善的な予言の解釈により「ものみの塔協会」の権威が構築されています。
破綻しているその予言解釈を振り返ると、「ものみの塔」のインチキ権威は崩壊するでしょう。

「1914年から1世代(80年-100年)のうちにハルマゲドンが来る」と、多くのJWたちは思っていました。
今年2016年は、1914年から102年が経ちました。
「ものみの塔」は、いつもと同じで今回も予言の解釈をバージョン・アップしましたが、よりお粗末な解釈となっています。「光が増し加わる」といより、「その場限りの辻褄会わせ」で、理解はより意味不明となっています。

また、「ものみの塔」は、『1914年秋から3年半後の1919年春にイエスが神殿を清められ、世界中のキリスト教から「ものみの塔協会」が選ばれ「忠実で思慮深い奴隷」として任命を受けた。』と自己推薦をしています。


今となっては、これらの自己主張、あるいは自己推薦は滑稽ですらあります。

それは、モルモン教のジョセフスミスが、1832年にサスケハナ川のほとりで天使に出会い任命を受けた話や、統一教会の分鮮明が1935年に復活したイエスから任命を受けた話、その他の宗教団体が天からのお告げを受けた類の話と何も変わりません。

神が行動なさるときは、イエスのバプテスマのときやクリスチャン会衆の発足のときのように周囲の人々にはっきりと分かるような印を伴うでしょう。

「ものみの塔」を含め今日存在するすべての宗教団体には、そのような神からの証明が伴っていません。それで、宗教組織の信任状は、自己推薦、自己主張に過ぎません。

西暦1世紀に、クリスチャン会衆は神からの強力な証を伴って発足し、その後の世代のために神の言葉聖書が備えられましたので、各自は宗教団体によってではなく、聖書によって真理を知り、それによって生き、裁きのためにキリストが戻られるときを待つことができます。

すべての人は、キリストが戻られるときに真実を知るでしょう。


コリント第1 4:5
5 それゆえ,定めの時以前に,つまり主が来られるまでは,何事も裁いてはなりません。[主]は,闇の隠れた事柄を明るみに出し,また心の計り事を明らかにされます。その時,人は各自神からの称賛を受けるのです。

主が戻られるまでは、本物と偽者のクリスチャンの見分けはつかないでしょう。

報いを携えたキリストは未だ戻っていませんので、キリストのすべての持ち物は未だ誰にもゆだねられていません。

各クリスチャンは、忠実で思慮深くありキリストが戻るときに用意のできている者であるべきです。

「忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか」とのイエスの問は、クリスチャン各自にそうあるべきことを励ます問いかけです。

それは、「ものみの塔」の教えのように、「忠実で思慮深い奴隷」を識別して、その指導に従うようにと言う教えではありません。





マタイ 14:16-20 の「イエスの割いたパンを群衆に配った弟子たち」は誰でしょうか。


次に、イエスが群衆にパンを配った話について考えて見ましょう。

マタイ 14:16-20
16 しかし,イエスは言われた,「彼らは去るには及びません。あなた方が彼らに何か食べる物を与えなさい」。17 [弟子]たちは言った,「わたしたちは五つのパンと二匹の魚のほかには何もここに持っていません」。18 [イエス]は言われた,「それをここに,わたしのところに持って来なさい」。19 次に彼は,草の上に横になるよう群衆に命じ,その五つのパンと二匹の魚を取り,天を見上げて祝とうを述べ,パンを割いて弟子たちに配り,ついで弟子たちが群衆に配った。20 こうしてすべての者が食べて満ち足りた。また,かけらの余りを拾うと,十二のかごがいっぱいになった。

イエスは、パンを割いて弟子たちに配り、ついで弟子たちが群集に配ったと書かれています。

「弟子たち」は誰を表していますか。
宗教団体でしょうか。
宗教団体の宗教指導者たちでしょうか。
それとも、個々のクリスチャンたちでしょうか。

イエスは一部のクリスチャンだけに宣べ伝えて教える任務を与えましたか。

いいえ、そうではありません。
キリストの弟子すべてに宣べ伝えて教える任務が託されています。

マタイ 28:18-20
18 すると,イエスは近づいて来て,彼らにこう話された。「わたしは天と地におけるすべての権威を与えられています。19 それゆえ,行って,すべての国の人々を弟子とし,わたしの名において彼らにバプテスマを施し,20 わたしがあなた方に命令した事柄すべてを守り行なうように教えなさい。そして,見よ,わたしは事物の体制の終結の時までいつの日もあなた方と共にいるのです」。



ですから、イエスからいただいたパンを群衆に配る「弟子たち」を、特定の宗教団体やその指導者たちに適用することはできません。
「ものみの塔協会」の適用は、「ものみの塔協会」またはその統治体を宗教教師あるいは指導者として他のクリスチャンの上に高めるものであり、「あなた方は、みな兄弟です」というキリストの教えと調和しません。

マタイ 23:8-10
8 しかしあなた方は,ラビと呼ばれてはなりません。あなた方の教師はただ一人であり,あなた方はみな兄弟だからです。9 また,地上のだれをも父と呼んではなりません。あなた方の父はただ一人,天におられる方だからです。10 また,『指導者』と呼ばれてもなりません。あなた方の指導者はキリスト一人だからです。


イエスの弟子は、「ものみの塔」などの特定の宗教組織の宗教指導者たちだけではありません。
クリスチャンは専任教師や専任指導者の存在しない、キリストへの信仰で結ばれた兄弟関係です。

キリストを代表すると称する宗教組織や宗教指導者は、そもそもクリスチャンの信仰と調和しないインチキであり、信者を支配するサタンのピラミッドシステムです。





箴言 4:18 の「増しゆく光」の聖句について

「ものみの塔協会」の予言の解釈の変更は、「増し行く光」のように明瞭になり一層の確信を与えるものとなっているでしょうか。

それとも、現実との不一致を修正するための言い訳となっているでしょうか。

いくつもの外れた解釈は、それが単に人間の推論に過ぎないことを物語ります。

そして、人々を誤った解釈で誤導した責任は重大といえます。


ルカ 12:48
48 . . . 実際,だれでも多く与えられた者,その者には多くのことが要求されます。そして,人々が多くをゆだねた者,その者に人々は普通以上を要求するのです。






結論

「忠実で思慮深い奴隷」は誰でしょうか。
「パンを配った弟子たち」は誰でしょうか。


それは、宗教組織、あるいは宗教団体の統治体でしょうか。

それとも、すべてのキリストの弟子たちに期待されていることでしょうか。


コリント第二 10:18
18 自分を推薦する者が是認されるのではなく,主の推薦される人が[是認される]のです。


マタイ 23:8-10
8 しかしあなた方は,ラビと呼ばれてはなりません。あなた方の教師はただ一人であり,あなた方はみな兄弟だからです。9 また,地上のだれをも父と呼んではなりません。あなた方の父はただ一人,天におられる方だからです。10 また,『指導者』と呼ばれてもなりません。あなた方の指導者はキリスト一人だからです。


コリント第一 4:1-2
1 それで人は,わたしたちを,キリストに従属する者,また神の神聖な奥義の家令と評価すべきです。2 さらに,この場合,家令に求められるのは,忠実であることです。



「増しゆく光」は、現実に合わない解釈の変更のことでしょうか。
それとも、より一層全体が見えるようになり何をすべきかが明になることでしょうか。


「ものみの塔協会」は、1914年にハルマゲドンで世が終わると教え、それが実現しなかったために、1914年から終りの日が始まり、それから1世代のうちにハルマゲドンで世が終わると解釈を変えました。

それから100年が過ぎ、待望の1世代が過ぎ去ろうとしている今ハルマゲドンは来ないので、1世代の解釈を変えました。

これは、「増しゆく光」でしょうか。
それとも、外れた解釈の変更でしょうか。

No comments:

Post a Comment