Tuesday, October 6, 2015

ローズ奨学金制度について

世界の支配エリートを養成するローズ奨学制度があります。


ローズ奨学制度について wiki


ローズ奨学金と関わりのあったものみの塔協会の代表者たちについてです。

ローズ奨学金 (The Rhodes Scholarships) 受給者名簿 (1903-2012)


ものみの塔協会のフレッド・フランズ (Fred Franz) はその受給者候補でした。
ロイド・バリー (William Lloyd Barry) は受給者でした。つまり世界支配エリート教育訓練を受けています。





Lloyd で検索してみてください。
Williams Lloyd で確認できます。
オーストラリア ニューサウスウェールズ州 (New South Wales) のブレイスノーズ大学 (Brasenose College) にて 1946年に選ばれています。

ロスチャイルドのアフリカの代理人であったセシル・ローズ (Cecil Rhodes) により19世紀に資金が備えられました。

目的は世界支配に必要なエリートの育成のためです。

ロスチャイルド(国際銀行家連合の代表)による資金により世界のエリートが養成されています。
国際銀行家連合の代理人として、JP モーガン、ジョセフ・シフ、ポール・ワーバーグ、ロックフェラー、ヒトラー、スターリン、チャーチル、ルーズベルト、アイゼンハワー、その他有名な政治家 たち、大学教授たちがいます。

ものみの塔協会もロスチャイルド資本により国際的な規模に発展してきました。それで統治体の成員にロスチャイルドの提供するエリート教育を受けた人物がいて当たり前といえます。



ものみの塔協会(印刷会社)の初代の会長は銀行家のウィリアム・コンリー (William Henry Conley) で彼の出資でものみの塔協会は始まりました。後日ラッセル (CT. Russel) が会長となります。



William Henry Conley
220px-Whconley.png


ラッセルはシオニスト運動を推進し、その資金をロスチャイルドに要請しています。
ものみの塔協会の資金源は、シオニストの人権団体のブナイ・ブリッツ (B'nai B'rith) から供給されていました。

初代ものみの塔誌は、「シオンのものみの塔」と題していた所以はそこにあります。
またラッセルは自らフリーメイソンであることを認めています。
ラッセルの残した出版物にはフリーメイソンのデザインや考え方がはっきり確認できます。

シオニズム(Zionism)、フリーメーソン (Freemason)、バラ十字団 (Rosicrucian) などの資金はロスチャイルドの国際銀行家連合から提供されています。

ものみの塔協会は、世界の権力により準備された器の一つに過ぎません。
インターネットによる情報革命により、これまで知りえなかった隠されてきた秘密が暴露されています。

ものみの塔協会も、国際銀行家連合も国際企業も世界の政府、また国際機関も自らの正体を隠すことに必死であり、それを暴く情報に必死に抵抗しています。

ものみの塔協会は、JWたちが協会の昔の出版物を調べることを望んでいません。
そのようなことを許せば、自らのオカルト起源がバレてしまうからです。

セシル・ローズについて wiki

No comments:

Post a Comment