Monday, October 26, 2015

ものみの塔タルムード

読者からの質問を扱うものみの塔協会の通信物マニュアルはタルムード(Talmud) のようです。

ものみの塔協会は、信者からの問い合わせに返答するためにタルムードのような規則集を作り上げています。


通信物に関する指示(Correspondence Guidelines)と呼ばれる118ページの文書があります。

それは、世界各地のベテルの主要メンバーに対するる指示書です。
多くの教理に関する筋書きの長いリストに対する全く同一の返答を備えるものです。

今のところそのマニュアルは特権を持つ少数の者たちに限られていますが、最近2011年版がリークされだれでも読むことができます。

信者が協会に尋ねる質問の答は、それがいかなるものであっても既にマニュアルの中にどのように扱うべきかが指示されています。

ここでその通信物マニュアルを入手できます。



この通信物マニュアルの存在は、レイ・フランズの「クリスチャンの自由を求めて」(In Search of Christian Freedom)の242ページで言及され世に知られるようになりました。これと良く似たベテルの規則集もありますね。

1976年に当時の統治体は、「支部通信物を扱う助け」(Aid to Answering Branch Office Correspondence)と題する通信物マニュアルの更新を決めました。

そのマニュアルは、種々の問題を扱う各地の支部委員会を導くためのものです。

そのタルムードのような規則集は、時代やJWの抱える問題に合わせて数年に1度更新されます。

当時の本部職員のGene SmalleyとRobert Wallenが更新の下書きを担当しました。そして彼らはその下書きを1977年の9月に提出しました。それから執筆部門は、レイ・フランズに最終編集を依頼しました。

その割り当ては、レイ・フランズにとって憂鬱ものでした。
それは、も協会が律法主義のパリサイ人の手法で機能している証拠でした。

2年ほど経っても規則集の編集は完成せず、レイは割り当ての変更を当時の執筆部門の調整者ライマン・スウィングル(Lyman Swingle)にお願いしています。


も協会のタルムードのような規則集では事実上、生活のすべての分野が扱われています。


項目の一部を挙げます。

堕胎
養子
姦淫、証拠
外人
婚姻無効の宣告
国歌
背教
上訴委員会

バプテスマ
聖書研究、排斥された人
産児制限

血の罪
賄賂
婚資(花嫁料)
事業提携








学校 宗教的な
    世俗の教育
差別
自衛
別居 クリスチャン
血清
性転換
性関係 離婚した者たち
性行為
祝福
心霊術
宣誓 忠実
避妊
自殺

納税
神権学校 入学
タバコ
臓器移植
性転換者
異性の服装をすること

制服 軍服
労働組合 一員と活動家
性病、選挙
   労働組合
結婚式、やもめ 年金







も塔の組織上の方針は広範で複雑です。
JWたちは、聖書の教えによって養われ導かれているのではなく、も塔のパリサイ人の規則に縛られた奴隷であり組織の歯車にされています。

毎年新たな規則が作られ「も塔」タルムードに追加されていきます。

「通信物についての指針」(Correspondence Guidelines)と題する「も塔」タルムードは、指針や導きの域を超えて制裁を伴う律法として機能しています。


「も塔」の指針と異なる見方を表明したり、手紙で尋ねたり、それと異なる判断をする長老たちは懲らしめの対象とされます。

エホバの証人たちは、ものみの塔協会の規則集により規制を受け裁かれます。
基本的にエホバの証人たちには良心の自由はありません。
彼らは広範で複雑な「も塔の規則」で縛られており、それについて尋ねたり意見を述べることは歓迎されません。


これが、イルミナーティ企画運営の「ものみの塔協会」の本当の姿です。

試しに、協会の方針について尋ねたり、意見を述べる手紙を送れば「ものみの塔協会」の本性が直ぐ分かりますよ。


もし、
長老や開拓者がそうすれば近いうちに割り当てはなくなり、やがて長老を削除されるでしょう。、
伝道者がそうすれば、協会からの返事ではなく会衆の長老からの助言を受けるでしょう。
それで、ものみの塔協会とはまともな話し合いはできません。

「も塔」との文通により予想だにしなかった「も塔」が表すクリスチャンらしからぬ独善的で傲慢な霊によりいやな思いを強いられた兄弟姉妹たちは世界中に多いと思います。



2012年のキャンディス・コンティの勝訴から今年の8月のオーストラリア王立委員会の聴聞などにより、ものみの塔協会のリーダーたちがこれまで答えなかった問題の扱い方が世界に暴かれ批判の対象となっているために、本部や各支部の職員たちの中では覚醒が始まっています。


2011年版の「も塔」通信物マニュアル(支部委員のタルムード規則集)のリークもその表れのひとつですよ。

Monday, October 12, 2015

ものみの塔の投資先

ものみの塔協会の投資先が暴露されています。

ものみの塔協会から背教者呼ばわりされている覚醒者たちの警告は嘘でないことが、また一つ裏付けられました。






誰でも米国国税庁(IRS)に基づく投資先情報サイトで閲覧できます。


上記のgoogleキャシュ(コピー)のサイトはこちらです。
10/4に上記のSOMEONEサイトは投資先情報サイトを除去しようとしたので、googleキャシュをとったそうです。



ものみの塔協会の投資先は、エホバの証人の兄弟姉妹たち、また関係者の方たちを卒倒させるでしょう。


ものみの塔協会は、免税その他の特典のために宗教を装う投資会社です。
彼らの投資先は、ほとんどイルミナーティ所有の優良国際企業です。
彼らは世のものそのものであり、世を最高度に利用して拡大してきました。

ネットのおかげで、彼らの行動は暴かれるようになりました。
ものみの塔協会は、これから世界的に崩壊します。


アドビシステム、フェイスブック、グーグル、アップル、マイクロソフト、その他のインターネット、ハイテク企業
アマゾン、アメリカン・エクスプレス、バンク・オブ・アメリカ、バクスター、CBS、その他
ボーイング、ロッキード・マーチン、グラマン、その他の軍需産業
アルコール飲料産業
ディズニー、その他、ポルノ映画を含むのエンタテイメント産業
悪名高いモンサントも含むその他多くの優良企業


ものみの塔協会は、軍隊や娯楽などでJWに「すべからず」集を突きつけておきながら、自らは利得のために世を大いに利用しています。

軍需産業に大量に投資することの意味を考えてください。
それは武器の消費を前提として利益を期待することです。
ものみの塔協会は、世界各地の戦争や紛争により利益を得ることを望んでいるということです。

人々がアル中になったり、ポルノやディズニーに夢中になると「ものみの塔協会」は利益を上げることができます。

自らが広める理念に反する企業から利益を上げることをなんとも思わない心の無感覚さを知ってください。


マタイ 23: 4-5, 27-28
4 重い荷をくくって人の肩に載せますが,自分ではそれを指で動かそうともしません。5 すべてその行なう業は人に見せようとしてするのです。

27 「偽善者なる書士とパリサイ人たち,あなた方は災いです! あなた方は白く塗った墓に似ているからです。それは,外面はなるほど美しく見えますが,内側は死人の骨とあらゆる汚れに満ちているのです。28 そのように,あなた方もまた,確かに外面では義にかなった者と人に映りますが,内側は偽善と不法でいっぱいです。



ものみの塔協会は、JPモーガン・チェイスの流動資産市場資金の7.3%のオーナーです。
ブラウザの検索機能を使って watchtower を特定してください。

ものみの塔協会は、NWOの重要なパーツですよ。
イルミナーティは宗教の崩壊を企てていますので、ものみの塔協会を解体する謀があるのかもしれません。


イングランド、スコットランドでの「ものみの塔協会」の児童保護方針の聴聞がこれから本番です。

Thursday, October 8, 2015

News

10/12

先週の土曜日(10/3)の「ものみの塔協会」の年次総会後、ブルックリンで25人が追放処分されました。その大半は背教者として排斥されました。

それらの兄弟たち(長老たち)は集められて即刻ベテルを去るように通達されました。

世界本部では「ものみの塔」誌を使わない総勢300人ほどの2つの聖書研究グループがあるそうです。

10/3の年次総会後、ブルックリンでは1980年代に起きたことが再び生じています。

これから、背教分子のパージ(粛清)が起きる模様です。


オーストラリアの王立協会による聴聞会のあと、多くのベテル奉仕者たちは覚醒した模様です。


かって、ジェフリー・ジャクソンはマークという名の青年の審理委員を務め、その子を麻薬の使用で排斥しました。

しかし、その子は後日自殺しました。
その子の両親は、その子が医療上の問題を抱えており医療処置のひとつとして麻薬を用いたとして排斥を不当とし協会を訴えました。
その訴訟で協会はその子の両親に慰謝料を支払ったそうです。

またジャクソン自身、テッド・ジャラツやレオ・グリンリースのように児童虐待の容疑があります。


現在、ブルックリンベテルは緊張の中にあります。

ベテル奉仕者ジョニーからの報告です。





**********************************************************************


10/8

ものみの塔協会は、新しい世界本部の建設のためにワーウィックの開発許可を$22.6 million(27億円) で得ました。その後土地が深刻に汚染されていることが発覚し計画の再考を迫られ、ワーウィック町と開発担保料金の全額返金を交渉中です。

町議会は開発担保金をを$7.3 million(8億7600万円)まで引き下げ残りを返金する決議をした模様です。

ものみの塔協会は開発を続行しており、完成は2016年の暮れになる見とうしです。

ベテルインサイダーのジョニーは、ニューヨークの開発停止命令により、環境保護庁はある時点で開発を中止させるかもしれないと述べています。


Budget preparation is underway; the town’s 2016 spending plan must be adopted by Nov. 20.

Sweeton also sought a resolution to reduce the Performance Bond from Pledged Collateral Account Control Agreement with the Watchtower Bible and Tract Society of New York, Inc. from $22.6 million to $7.3 million and to authorize the release the difference to the organization.

The Watchtower Bible and Tract Society Jehovah’s Witnesses World Headquarters is advancing in its new construction. The 45-acre development site on the Tuxedo-Warwick border, in Sterling Forest, is set to be completed by the end of 2016.
- See more
Budget preparation is underway; the town’s 2016 spending plan must be adopted by Nov. 20.
Sweeton also sought a resolution to reduce the Performance Bond from Pledged Collateral Account Control Agreement with the Watchtower Bible and Tract Society of New York, Inc. from $22.6 million to $7.3 million and to authorize the release the difference to the organization.
The Watchtower Bible and Tract Society Jehovah’s Witnesses World Headquarters is advancing in its new construction. The 45-acre development site on the Tuxedo-Warwick border, in Sterling Forest, is set to be completed by the end of 2016.
- See more at: http://www.warwickadvertiser.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20151001/NEWS01/151009998/Warwick-seeks-amendment-to-town-code#sthash.r2r2qeCk.dpuf

Tuesday, October 6, 2015

ものみの塔狂騒曲

1965年 
レイモンド・フランズ(Raymond Franz)20年奉仕したカリブ海から世界本部入り執筆部門で働く。ギレアデ学校の教訓者エド・ダンロップ(Edward Dunlop)たちと聖書辞典「聖書理解の助け」の執筆編集にあたる。その結果、ものみの塔協会の運営の仕方が聖書的でないことが分かり、指摘される。印刷出版業務を行う商用法人と宗教団体エホバの証人の関係が聖書的でないことが指摘される。また考古学上の証拠は、古代バビロンによるエルサレムの滅亡が紀元前607年ではないことも指摘される。これらの2点は、ものみの塔協会の権威や聖書解釈を再検討するように促した。


70年代に印刷出版業務を行うものみの塔協会の会長が全権を持つ体制から宗教団体エホバの証人の統治体への権威の移行が、感情的なバトルを伴って行われてゆく。また期待はずれの1975年以降、個別にものみの塔協会の予言の解釈の再考がなされるようなる。


しかし、協会の組織改革は信者に自由をもたらさず、むしろ自由な聖書研究は抑圧され、異なる意見や見解は排斥の対象とされるようになる。



1966年

Life Everlasting in Freedom of The Sons of God発刊。1975年に人類史の6000年が終わることが指摘される。著者はフレッド・フランズ(Fred Franz)、1975年ハルマゲドンフィーバーが始まる




1971年 
聖書理解の助け(Aid to Bible Understanding)出版される。
レイ・フランズおよび他3人統治体入り。




















1974年
人類史の6000年が1975年9月に終わると称しハルマゲドンの可能性を煽る。
多くのJWは家や事業を売り開拓奉仕へ。










日本支部の監督ロイド・バリー(Lloyd Barry)統治体入り。



1975年 
ハルマゲドンを見込んで聖書研究は6ヶ月となり、その間に進歩しない研究生は援助を打ち切られる。




1976年
感情的なバトルの末、統治体と法人組織会長職の分離。表面上の組織改革がなされる。


1977年
6月 組織改革の感情的バトルにもまれた当時の会長ノア癌で亡くなる。代わりにフレッド・フランズが会長となる。


1979年
組織改革後つかの間の自由な雰囲気が世界本部に見られ、本部職員の間で個別の聖書研究グループができ独自の聖書研究が行われるようになる。しかしその年の終わりまでに、協会と異なる意見や見解は抑圧されるようになる。


1980年
世界本部で粛清が始まる。5月レイ・フランズ統治体解任、世界本部から追放される。エド・ダンロップ排斥される。その他多くの本部職員が追放、排斥処分となる。当時の世界本部の様子はレイ・フランズの「良心の危機」に詳しく書かれています。


1981年
3月 長老ピーター・グレガーソン(Peter Gregerson)は調査の末、エホバの証人を辞める。
ものみの塔協会の集会以外での個別の聖書研究は禁止される。(w 8/15 p28-29)
レイ・フランズ排斥のために断絶の扱いが変更される。(w 9/15)
11/25 断絶者ピーター・グレガーソンと食事をしたとの理由でレイ・フランズ排斥される。


1982年
スウェーデンの長老カール・オルフ・ジョンソン(Carl Olof Jonsson)1914年の信憑性の再検討をものみの塔協会に促したために排斥される。


1983年
カール・オルフ・ジョンソン(Carl Olof Jonsson)ものみの塔協会の予言の解釈の誤りを指摘する「異邦人の時再考」(The Gentile Times Reconsidered)発刊。

レイ・フランズ「良心の危機」発刊。


1985年
バプテスマの際の質問が変更され、「エホバの証人のひとりとして、神の霊により導かれる組織の一員となることを理解していますか。」と問われるようになる。(w 6/1 p30)
6月 日本支部からの手紙の通達から北海道広島会衆の事件が始まる





1989年
戸別訪問での雑誌販売に課税されないように、TV伝道師ジミー・スワガート(Jimmy Swaggart)の脱税の問題で、ものみの塔協会は法廷でスワガートを擁護。しかしジミー・スワガート敗訴。宗教活動による販売に課税が確定する。


1990年
1月よりものみの塔協会完全寄付制を導入。


1991年
レイ・フランズ「クリスチャンの自由を求めて」(In Search of Christian Freedom)を発刊。

ロイド・バリー(Lloyd Barry)国連NGOに著名し、ものみの塔協会は国連と提携する
この事実は信者に知らされず、10年後に発覚し多くの現役JWから指摘され国連との関係を解除する。

ロイド・バリー デンマークの中央に位置するシルクボーグ (Silkeborg) 大会ホール(ヨーロッパでは congress hall と呼ばれている)をエホバ神(?)に献堂する。



1992年
12/22 フレッド・フランズ99歳で死去


1993年
ものみの塔協会 自己の歴史書「ふれ告げる」(Proclaimer)の本を発行。
その中で、2520年におよぶダニエルの7つのときの起源はラッセルより50年前のジョン・アクィラ・ブラン(John Aquila Brown)であること(p134)、およびウィリアム・ヘンリー・コンリー(William Henry Conley)がものみの塔協会の初代会長であったこと(p576)を始めて認める。これらの事実はカール・オルフ・ジョンソンやレイ・フランズなどにより既に何年も前に指摘されており、ネットで公になっていたものです。


1999年
ロイド・バリー ハワイの大会で公演中に死去 83才


2000年
10月 ものみの塔法人の再組織、統治体は法人の取締役を辞任。法人の取締役7人は全て統治体外となる。ドン・アルデン・アダムス(Don Alden Adams)が法人の会長となる。



2001年 
JW長老のビル・ボーエン(William H. Bowen)、ものみの塔協会に「2人の証人」の理不尽な方針の改善を求める。同年にサイレント・ラムズ(Silentlambs)を立ち上げ全世界の性的虐待犠牲者の支持と救済を呼びかける。

9/11(火) 米政府の自作自演テロでツインタワー崩壊

10/8(月) イギリスのガーディアン(Guardian)紙、ものみの塔協会とUN ngoの10年来の提携関係を暴露する。

10/15(月) 偽善的なエホバの証人国連との関係を放棄する。(ガーディアン紙見出し)


2002年
5/28日 アメリカのNBCニュースのデイトライン(Dateline)が、ものみの塔協会の方針の犠牲者たちの実情を全米で放送する。その中で元本部職員のバーバラ・アンダーソン(Barbara Anderson)は事態の改善を訴える。その放映に先立ち5/19日彼女は分裂を起こしたとして排斥される


NBC DATELINE - Jehovah's Witnesses - Watchtower 
- Child Sexual Abuse Settlement



その放送の2ヶ月後、イギリスのBBCのパノラマ(Panorama)は、1時間のドキュメンタリーを放映する。大会の話しを終え演題から降りた統治体のテッド・ジャラツ(Ted Jaracz)へ「2人の証人」の方針について直撃インタビューをしている。ジャラツはカメラの前で、「わたしたちは、書かれていることを超えません。」(We will not go beyond the things written.)と答える。


Panorama - "Suffer the little children" 
Jehovah's Witness child molesation pedophilia exposed



その後、多くの国でものみの塔協会の理不尽な児童性的虐待方針につてのドキュメンタリー番組が放映される。



2003年
3/22 ミルトン・ヘンシェル(Milton Henschel)死去 82


2004年
4/7 日本支部の調整者「織田正太郎」べテルで変死 70
べテルの屋上で梯子から落ち、発見が遅れ死亡。そばにあったカメラは無傷。
(憶測 織田兄弟は「も塔」の正体を知り始めていたかもしれない)


2005年
ものみの塔法人
会長 ドン・アダムス(Don A. Adams)
副会長 ロバート・ウォーレン(Robert W. Wallen)、ウィリアム・マレンファント(William F. Malenfant)
書記・出納 リチャード・アブラハムソン(Richard E. Abrahamson)
取締役 ダニー・ブランド(Danny L. Bland)、フィリップ・ウィルコック(Philip D. Wilcox)、ジョン・ウィスチャック(John N. Wischuk)


ものみの塔協会は天的クラスが運営しているのではありません。記事の執筆を監督しているのはいわゆる大群衆のクラスの人たちです。統治体はできた記事を承認する役割だそうです。

彼らはキリストの代理ではなく、偽物の一団です。



2006年
目ざめよ誌 月1発行となる。



2007年
サイレント・ラムズ「ロンの強姦犯人」(Ron's Rapists)と題する記事を掲載
内容はものみの塔協会英国ベテルの調整者ロナルド・ドレィジ(Ronald Drage)に関する隠蔽の詳細についてです。

7年前(2000年)から英国慈善委員会(UK Charity Commission) は、ものみの塔協会の児童虐待の実態について調査を始めていた。

ロン・ドレィジ(Ron Drage)の友人マイケル・ポーター(Michael Porter)に関する英国慈善委員会によるミルヒル(Mill Hill)会衆調査報告書(2007年8月)

エホバの証人のミルヒル会衆は放免されますが、ものみの塔協会の管財人たちは警告を受ける。

9/27 慈善委員会はものみの塔英国支部の管財人たちと会合。
ものみの塔協会英国支部の代表者たちは児童虐待を扱う方針を持っていること、およびマイケル・ポーターの件をどのように扱ったかを告げる。

ものみの塔協会英国支部は7年前に児童虐待方針を変えるようにはっきりと警告を受けており、そうするように働いていると主張していたが、現実は何もしていなかったことが判明する。

ものみの塔協会英国支部は、エホバの証人の全ての会衆に実行される児童保護方針を作るように警告される。


2009年
12月 オーストラリアのスティーブン・アンサンク(Steven Unthank)兄弟は断絶し、後にトララルゴン会衆の虐待の被害者たち(子供たち)を保護するために一人でものみの塔協会と統治体を相手に訴訟を起こす。



2010年
1月 ブルックリン世界本部の現役ベテル奉仕者ジョニー(Johnny the Bethelite) が組織の内部事情をリークし始める。
6/2 レイ・フランズ死去 88
6/9 テッド・ジャラツ死去 85
12/4 ジャック・バー死去 97



2011年
4/19 スティーブン・アンサンク、オーストラリアの児童保護法を守るようにものみの塔協会を告訴。
10/11 ものみの塔オーストラリア支部は各会衆にオーストラリアの児童保護法に従うように促す手紙を送る。


2012年
6月キャンディス・コンティ(Candace Conti)、児童虐待の方針をめぐってものみの塔協会を訴訟。
その後、アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダなどで児童虐待の犠牲者の訴訟が増加。



2014年
児童虐待に関わったものみの塔協会英国支部の主要メンバーが解任される。
英国慈善委員会の調査が始まる。

ものみの塔協会は、
慈善団体として児童保護のために改善を再度警告される。
慈善団体の資格に関わる調査がなされる。

ものみの塔協会 英国の高額で有名な法律事務所を雇い英国慈善委員会の調査に対し上訴する。しかし裁判所は2度ものみの塔の上訴を棄却している。




2015年
7月 キャンディス・コンティ訴訟 1億8,000万-2億4,500万円で結審。
7/27-8/14 ものみの塔協会の児童保護方針について、オーストラリア王立委員会の聴聞


統治体のジェフリー・ジャクソン(Geoffrey Jackson)、およびものみの塔協会の責任者たちの答弁は、問題の本質や重大性への認識の欠如を表しています。ものみの塔協会はこれまで20年近くにわたる同胞からの忠告を聞き入れてきませんでした。

イギリスにおいても同種の聴聞がはじまる。

英語圏の主要メディアがものみの塔協会の児童保護方針の問題を取り上げ、社会の注目を集めるようなり、現役のJWたちの覚醒が加速している。

一般配布用の『ものみの塔』と『目ざめよ!の両誌が隔月配布になる
児童保護訴訟対策のためか神権学校廃止となる




ものみの塔協会の態度は極めて傲慢ですね。
彼らの背後には司法権に対抗できるほどのイルミナーティ権力があるのでしょう。

今、ものみの塔が期待していることは、1914年の時と同じように、第3次世界大戦の勃発でしょう。
それで、全てのスキャンダルを吹き飛ばし、終わりの予言で再び人々を誤導できると思っているでしょう。

世界はイルミナーティの謀により第3次世界大戦へ向かっていると思います。

ローズ奨学金制度について

世界の支配エリートを養成するローズ奨学制度があります。


ローズ奨学制度について wiki


ローズ奨学金と関わりのあったものみの塔協会の代表者たちについてです。

ローズ奨学金 (The Rhodes Scholarships) 受給者名簿 (1903-2012)


ものみの塔協会のフレッド・フランズ (Fred Franz) はその受給者候補でした。
ロイド・バリー (William Lloyd Barry) は受給者でした。つまり世界支配エリート教育訓練を受けています。





Lloyd で検索してみてください。
Williams Lloyd で確認できます。
オーストラリア ニューサウスウェールズ州 (New South Wales) のブレイスノーズ大学 (Brasenose College) にて 1946年に選ばれています。

ロスチャイルドのアフリカの代理人であったセシル・ローズ (Cecil Rhodes) により19世紀に資金が備えられました。

目的は世界支配に必要なエリートの育成のためです。

ロスチャイルド(国際銀行家連合の代表)による資金により世界のエリートが養成されています。
国際銀行家連合の代理人として、JP モーガン、ジョセフ・シフ、ポール・ワーバーグ、ロックフェラー、ヒトラー、スターリン、チャーチル、ルーズベルト、アイゼンハワー、その他有名な政治家 たち、大学教授たちがいます。

ものみの塔協会もロスチャイルド資本により国際的な規模に発展してきました。それで統治体の成員にロスチャイルドの提供するエリート教育を受けた人物がいて当たり前といえます。



ものみの塔協会(印刷会社)の初代の会長は銀行家のウィリアム・コンリー (William Henry Conley) で彼の出資でものみの塔協会は始まりました。後日ラッセル (CT. Russel) が会長となります。



William Henry Conley
220px-Whconley.png


ラッセルはシオニスト運動を推進し、その資金をロスチャイルドに要請しています。
ものみの塔協会の資金源は、シオニストの人権団体のブナイ・ブリッツ (B'nai B'rith) から供給されていました。

初代ものみの塔誌は、「シオンのものみの塔」と題していた所以はそこにあります。
またラッセルは自らフリーメイソンであることを認めています。
ラッセルの残した出版物にはフリーメイソンのデザインや考え方がはっきり確認できます。

シオニズム(Zionism)、フリーメーソン (Freemason)、バラ十字団 (Rosicrucian) などの資金はロスチャイルドの国際銀行家連合から提供されています。

ものみの塔協会は、世界の権力により準備された器の一つに過ぎません。
インターネットによる情報革命により、これまで知りえなかった隠されてきた秘密が暴露されています。

ものみの塔協会も、国際銀行家連合も国際企業も世界の政府、また国際機関も自らの正体を隠すことに必死であり、それを暴く情報に必死に抵抗しています。

ものみの塔協会は、JWたちが協会の昔の出版物を調べることを望んでいません。
そのようなことを許せば、自らのオカルト起源がバレてしまうからです。

セシル・ローズについて wiki

Monday, October 5, 2015

ものみの塔の所得

「人間 に支持を乞い求めたり,懇願したりはしない」(JW.orgからの引用)

7,8. エホバの民が寄付を乞い求めたり懇願したりしないのはなぜですか。

7 ラッセル兄弟とその仲間たちは,キリスト教世界の諸 教会のように,資金集めのために策を弄したりはしませんでした。「ものみの塔」第 2号には,「あなたは『シオンのものみの塔』を求めたいと 思いますか」という見出しの下に,ラッセル兄弟の次の言葉が載せられました。「『シオンのものみの塔』はエホバがその支持者であるとわたしたちは信じる。そうであるかぎり,この雑誌は人間に支持を乞い求めたり,懇願したりはしない。『山々の金と銀はみな我がものである』と言われる方が 必要な資金を供給しないなら,それは出版を中止する時である,とわたしたちは考える」。(ハガ 2:7‐9)それから130年以上たった今も,「ものみの塔」誌は発行されており,それを発行する組織も活動を続けています。

8 エホバの民は寄付を乞い求めること をしません。献金皿を回したり,信者に手紙を送って寄付を要求したり,ビンゴ 大会やバザー,くじの販売などで資金を得たりはしません。「ものみの塔」誌にかつて記された次の言葉のとおりに しています。「我々は,一般 的な慣習に倣って主の大義のために寄付を懇願するのはふさわしくない,と考える。……主の名を語って様々な方法でかき集めた金銭は,主にとって不快なもの,受け入れられないものであり,献金者にも,成し遂げられる業にも 主の祝福は臨まないというのが我々の意見である」。 *




ものみの塔協会は、「寄付や人間の支持を乞い求めたり懇願したりはしない」と述べていますが、
信者の自発奉仕、会衆からの定期的な寄付を求めていませんかね。

1989年12月までは野外で雑誌や雑誌の予約、出版物を販売していました。
1990年1月に雑誌や出版物の提供を完全寄付制に替えたとき、必ず寄付について言及するように求められました。

王国会館、大会ホール、ベテル施設などの建設や改築などは、いつも信者の自発奉仕や支持を求めます。


かっては潤沢な資金に支えられてものみの塔の宗教商売は世界中で栄えていましたが、最近は資金難に陥っている模様です。


ものみの塔協会のカナダ支部の資産簿価は、2011年の$117million(117億円)から減少し2014年は$33million(33億円)となりました。
収支を合わせるために、カナダ支部は過去4年間に$12million(12億円)の借り入れを余儀なくされました。

ものみの塔協会の所得について書かれているサイトからの情報です。


NewsDay.comによると、高利益企業トップ40の2001年報告では、ものみの塔聖書冊子協会の総収入は$951million(951億円)です。

業種は出版業で、社長はミルトン・ヘンシェル(Milton Henshel)、従業員の数は3,415人と報告されています。

ものみの塔協会は、600万人を超えるエホバの証人に彼らの宣教のための雑誌や書籍を供給するために多くの印刷を行っています。ひとつの出版物は、月に2回平均2300万部印刷されています。去年に比べて7.5%の増加です。

副社長のジョージ・カウチ(George Couch)は、「我々の年次報告は、ウォール街の企業と異なっています。」と述べています。確かに企業の雇用者はブルックリンの総合ビルに居住し働く自発奉仕者たちです。


今から14年ほど前の2001年はまだ勢いがありましたね。


ページの中ほどの2010年から2014年のカナダの支部の決算報告を見てください。




ものみの塔聖書冊子協会は、何千億もの資産(現金、証券、不動産など)を所有しています。
彼らの資産には税金はかかりません。

表向きは宗教雑誌や書籍の出版業となっていますが、それらの出版物の寄付による利益はたいしたものではありません。彼らが信者に気付かれないように創業以来行っている主な事業は不動産投資事業や株式投資事業などです。

不動産物件となる土地や建物は信者の寄付やただ働きにより取得し、高値で売りさばくことができます。
ものみの塔協会が持っている株には、石油、映画(Rレイト含む)、軍需産業、タバコ産業、Stanley Morgan株、Amazon株、Apple株などがあります。高利益を生む医療産業株や通信産業株も持っていそうですね。

こうなると、この世との取引で生きるこの世の企業という印象ですね。


ものみの塔協会はヘッジファンドも活用してこの世の優良企業が生み出す甘い汁にあずかっているインチキ宗教組織です。

ものみの塔協会は単一の社団法人ではありません、傘下に多くの法人組織を持つグローバル企業です。ものみの塔協会の傘下企業の中には、株式上場企業や、メシアニック・ジュー(Messianic Jews)やヒブルー・クリスチャン(Hebrew Christians)のような株主もいます。またマカオに口座を持っていると言われています。

インターネットのおかげで、
個々の信者たちは互いに繋がるようになり、
宗教組織の商売の仕方が暴かれ、インチキ宗教権威が力を失いました。



ものみの塔は、

『山々の金と銀はみな我がものである』と言われる方が必要な資金を供給しないなら,それは出版を中止する時である,とわたしたちは考える。 (ハガ 2:7‐9)

と述べていますが、

各地で起きている児童虐待に関する訴訟での敗訴、信者の減少、寄付の減少は出版業務の縮小を招いて、情報はインターネットから、印刷は信者のプリンターでという方向へ向かっていますね。


外れた予言の意味不明の壊れた解説、
2人の証人の字句にこだわる思慮を欠いた聖書解釈、
神の代弁者の自己推薦と自画自賛、
しか書かれていない雑誌に価値を見出せる人はますますいなくなるでしょう。


行き詰っている現役JWの兄弟姉妹たち、
本物のクリスチャンになるためにインチキ組織を捨て去りなさい。